セカンドオピニオンとは、日本語では「第二の意見」と呼ばれるように、患者がある病気で診断を下された際に、診断結果やその後の治療方針、治療方法について納得のいく治療を選べるように、別の医師に相談し、意見を聞くことを言います。

「現在の主治医に内緒にして、違う病院でセカンドオピニオンを受けたい」というような場合はセカンドオピニオンとは言いません。初めから医師を変えたいという明確な意思がある場合は、“転院、もしくは転医”ということになります。

病気別セカンドオピニオン

がんのセカンドオピニオン

がんのセカンドオピニオン

様々な「がん」についての説明と、その原因、症状、治療法、間違えられやすい他の病気についてまとめています。セカンドオピニオンの相談申し込みもできます。

もっと見る >

腰痛のセカンドオピニオン

腰痛のセカンドオピニオン

様々な「腰痛」や骨、間接についての病気説明と、その原因、症状、治療法、間違えられやすい他の病気についてまとめています。セカンドオピニオンの相談申し込みもできます。

もっと見る >

セカンドオピニオン.com公式ブログ

default_blog

椎間板の修復・再生治療が存在する?

皆様、腰の調子はいかがでしょうか?日本人の国民病と言われることが多い腰痛ですが、原因として考えられる要因の一つに「椎間板」が挙げられます。椎間板の役割椎間板は、脊椎にかかる負担をクッションの様に衝撃を...

もっと見る >

default_blog

末期がんの最新免疫療法

●末期がんについてがんの発見が遅れ、癌がすでに手の施しようのないほどに進行しているケースや、標準治療(内視鏡治療、外科手術、化学療法・抗がん剤治療、放射線療法など)を行ったが、効果が無い、または効果が...

もっと見る >

default_blog

病院での待ち時間について

病院に対しての不満 ある企業でのアンケートにて病院での診療の際、病院に対しての不満を調査した結果以下の内容であることがわかりました。 診察時の不満に関しては、1位「病状・診断結果の説明が不十分(5...

もっと見る >

記事をもっと見る >

▲ PAGE TOP

PAGE TOP