坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰部から臀部、大腿を通って膝裏まで伸びる、体の中で一番太くて長い末梢神経である。坐骨神経痛とは腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊柱分離症・すべり症など様々な要因によって、坐骨神経が圧迫されて炎症を起こし、臀部や大腿後面、下腿に痛みやしびれが起きる症状である。

坐骨神経痛の原因

年齢によって原因は異なり、若い人の場合は腰椎椎間板ヘルニアが主な原因で起こる。腰椎椎間板ヘルニアは腰椎の椎間板が繰り返しの負荷により弱くなって潰れ、椎間板の中の髄核が外へ飛び出す疾患である。飛び出した髄核が坐骨神経を圧迫すると下肢の痛みやしびれなどの坐骨神経痛の症状が出る。

中高年以上では腰部脊柱管狭窄症が原因となることが多く、加齢によって狭くなった脊柱管の中を通る神経が圧迫されることによって起こる。

他にも、脊柱の突起間部が分離して椎体が前方にすべり出し、脊柱管を圧迫する脊柱分離症・すべり症、臀部の梨状筋の中を走る坐骨神経が圧迫される梨状筋症候群、変形性腰椎症、外傷によって損傷を受けた時にも起こる。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛を起こしている原因となる疾患によって治療法は適宜、選択されるが、痛みが強い時期は安静、痛みの軽減、血流改善などを図る薬物療法、ホットパック、極超短波などの物理療法が行われる。痛みが続く場合には神経ブロック注射や症状が排尿障害や麻痺に及ぶ場合は手術も適応となる。

リハビリテーションで腰椎に負荷をかけにくい姿勢の指導を受けることや臀部や下肢のストレッチを行って筋肉を柔軟にし、神経の圧迫を和らげることも有効である。

さらに、予防として長時間同じ姿勢で過ごさない、重いものを無理な体勢で持たない、体を冷やさない、体重増加に注意するなど、腰部に負担をかけないような過ごし方も大切である。

この病気に詳しい医師

野中 康行 先生

ILC国際腰痛クリニック 院長

大阪府

専門分野
腰痛治療の名医
診療科目
整形外科
相談事例
・脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアに良い治療法を教えてほしい
・DST治療後にリハビリやスポーツジム・マッサージ・整体は可能ですか
・脊柱管狭窄症で手術をするか悩んでいる
・原因のわからない腰痛の治療方法はありますか
・なぜ椎間板ヘルニアが起こるのですか
・椎間板ヘルニアの箇所により症状はかわりますか
・坐骨神経痛の痛みを治すにはどのような事が効果的ですか
・日帰りできる腰痛の先進治療と一般的な外科的手術の違いについて知りたい