セカンドオピニオンの紹介状

セカンドオピニオンを依頼する際には、主治医(ファーストオピニオン)から、以下の書類をもらっておく必要があります。

紹介状

紹介状

紹介状は正式には「診療情報提供書」と呼ばれ、医師が患者さんを紹介するときに作成する書類です。

患者さんが他の医療機関を受診する際、「所見・経過」を確認するために必要となります。内容に関しては、患者さんの基本情報、現在の主症状や病名、これまでの症状や治療経過、現在の投薬内容・アレルギー歴、紹介の目的(詳しい検査、入院、手術、経過観察など)が書かれています。

患者さんの診療情報が詳細に引き継がれるため、次の医院でも改めて検査や診断をしないで、継続的に診療を行うことが可能です。

検査結果

検査結果

これまでに患者さんが受けた細胞検査や血液検査、レントゲンやCT、MRIなどの各種検査のデータ・検査結果のことで、これまでの「診断情報」を確認するために必要となってきます。

紹介状の作成にかかる費用ですが、これは診療報酬の中で定められています。患者さんの健康保険の自己負担比率や、添付する検査データによってばらつきはありますが、紹介状の作成そのものにはだいたい数百円~千数百円が自己負担の費用として必要となります。

このように費用はかかるのですが、患者さんにとっては、同じ検査を受けなくても良いというメリットがありますので、紹介状を活用することをお勧めいたします。

▲ PAGE TOP

PAGE TOP