大腸がん

カテゴリー:

がん

消化器

3d render medical illustration of the human digestive system

大腸がんとは

大腸がんは、がんの生じる部位によって名称が異なっている。例えば、結腸(上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸)にできれば結腸がん、直腸にできれば直腸がんとなる。特に、S状結腸と直腸にがんができやすく、大腸がん全体の約3/4が、この2つの部位に生じる。欧米に多いと言われていた大腸がんだが、近年、日本においても結腸がんが増えてきている。この原因として、日本においても動物性の脂肪が多く含まれている食事が広まってきたことが考えられる。大腸がんの発生原因は、遺伝子的な観点から、かなり詳細に解き明かされてきている。

大腸がんの進行度と分類

大腸がんは、進行度により、早期大腸がんと進行大腸がんに分けられる。早期大腸がんとは、がんの広がりが、腸壁の粘膜内や、粘膜下層までに留まっているものを指す。一方、進行大腸がんとは、がんの広がりが、粘膜下層の下の筋層まで達し、リンパ節や血管への転移が考えられる状態のものを指す。
早期大腸がんは、がんの表面の形状によって、呼び方が異なり、隆起型と表面型に分類される。さらに、表面型には隆起型、平坦型、陥凹型の3種類がある。早期大腸がんは、隆起型が多く、大腸ポリープが、がん化することによってできる場合が大半を占める。

大腸がんの症状

下行結腸、S状結腸などの左側結腸と直腸がんの初期症状は、血便、粘血便などの下血である。がんが進行し、腸管が詰まる(内腔狭窄)と、便が通じなくなり、腸閉塞による痛みを伴うこともある。通常、がんが周りに広がるまでは、痛みを伴わないことが多い。一方、上行結腸などの右側結腸は、初期症状が無く、進行大腸がんになってから、右下腹部のしこり、貧血、黒い便、下痢などの症状が見られることが多い。

間違えられやすい他の病気

虚血性大腸炎、過敏性腸症候群、クローン病、大腸憩室症 oj遠隔セカンドオピニオン

 

 大腸がんの危険性がある症状

こちらでは、生活習慣・症状から大腸がんの可能性がある内容を記載しております。

生活習慣

野菜や果物を基本は食べない。
魚よりは肉をよく食べる。
お酒は毎日飲むほうだ。
運動は嫌いだ。

症状

血便が出ることがある。
下痢と便秘を繰り返している。
便が残っていると感じることがある。
日頃からお腹が張っている。
肛門の病気を持っている。
糖尿病と診断された。
食欲がなくなった。
激しい腹痛を感じることがある。

これらの症状が複数出ているのであれば、大腸がんの危険性またはほかの疾患の危険性がありますので、病院にて診断していただくことをお勧めします。

治療法と予防策

大腸がんの治療のほとんどは手術によって行われ、早期がんの場合は、治療成績も優れている。直腸がんにおいても、7割以上は、手術後に人工肛門をつける必要はない。早期の大腸がんは、大腸ポリープのがん化が最も多く、腫瘍が2 cm以内で、腸の粘膜外への浸潤がなければ、内視鏡を用いて、開腹せずに手術ができる。このように、早期発見により、手術による体の負担を大幅に減らすことができる。40歳以上の方は、便の潜血検査や腸の造影検査を受けて、大腸がんの早期発見に努めることを勧める。

①内視鏡治療

早期の大腸がんでリンパ節に転移せず、深達度が粘膜にとどまっている場合に、内視鏡を使ってがんを切除する方法

  • メリット:大腸内部を直接的に目で確認することが可能。病変を摘出し、詳しく診断できる。通常は痛みなどもなく合併症を起こすことが少ない。
  • デメリット:腸の曲がっている部分やひだのうちに隠れているときは、すべてを切除できない場合もあり、 がんが残っていた時やリンパ節への転移の可能性がある場合は、追加の外科手術が行われる。

②外科手術

大腸がんの主な治療法としては外科手術による切除になります。 早期のがんであっても転移の可能性がある。リンパ節も併せて切除する「リンパ節郭清」を合わせて、腸切除の手術を行います。

腹腔鏡手術
外科手術の内で最近では、「腹腔鏡下手術」という術法も適応される場合もあります。腹部に小さな孔を作って、 器具(カメラと切除器具がついたもの)を挿入してがんを切除します。

  • メリット:通常の手術に比べて創が小さく、体への負担も小さい。手術後の痛みも少なく入院期間が短い
  • デメリット:切除範囲の広い場合やがんが発達した場所によっては適合できない。

 

大腸がん・外科手術の留意点
直腸がんの場合は周囲にある膀胱や前立腺等へ浸潤している場合には、骨盤内臓の全摘出を行う場合があり、 周囲の神経やきんにくを一緒に切除した手術後は排尿、排便等に機能障害が起こる場合があります。 大腸がんの手術後は「縫合不全」「創感染」「腸閉塞」等の合併症が発生する場合がありますので、担当医との連携を密に致しましょう。

③放射線治療

高エネルギーX線を体外から照射し、がんを小さくしたり、転移したがんの痛みを緩和するために使用。

  • メリット:直腸がんでは、手術前に照射することでがんを小さくすることが可能。また骨盤からの再発を抑制する効果があり、 骨盤内のがんによる痛み等の症状緩和にも使用される。
  • デメリット:放射線を受けた部位に、副作用として膀胱炎・肛門痛があり、全身の症状として嘔吐・だるさなどが強く出たりすることがあります。( 個人差がありますが数週間で改善します。)

④化学療法(薬物療法)

患者様の体力が少なく、手術に対応が難しい場合等に用いられる治療法。

  • メリット:放射線治療と平併することで、生存期間を延ばすことが可能。手術後の再発予防や初期のがんに使用し有効性あり。
  • デメリット:抗がん剤、単独の使用では完治は稀。副作用での食欲不振・倦怠感・体力の消耗などが起こる。

oj遠隔セカンドオピニオン

default_blog              大腸がんに関するブログはこちら→

 

 

 

◎入院期間や費用はあくまでも目安となります。病状によっては入院期間や費用が変わる可能性がある為、病院にてご確認ください。 tab_daichogan

 

  • ※1 現役並み所得者…70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者です。
  • (被保険者が70歳未満の場合は、その被扶養者である高齢受給者は、現役並み所得者とはなりません)ただし、高齢受給者の被保険者・被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方は1割負担)となります。
  • 被扶養者が後期高齢者医療制度の被保険者となったときでも、被扶養者であった方の年収と併せて計算できます。

(注1)健康保険適用時の一部負担金の割合

年齢負担割合
小学校入学前2割
小学校入学以後70歳未満3割
70歳以上2割(※現役並み所得者は3割)

保険証等を提示して保険医療機関で医療を受けたときや保険薬局で薬の調剤をしてもらったときは保険医療機関等の窓口でかかった医療費の一部を支払います。これを一部負担金と言い、本人・家族、入院・外来にかかわらず、年齢等によってその負担割合が区分されています。

平成26年3月31日以前に70歳になった被保険者等(誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方)については、引き続き一部負担金等の軽減特例措置の対象となる為、平成26年4月1日以降の療養に係る一部負担金の割合は1割のままです。

保険証等を提示して保険医療機関で医療を受けたときや保険薬局で薬の調剤をしてもらったときは保険医療機関等の窓口でかかった医療費の一部を支払います。これを一部負担金と言い、本人・家族、入院・外来にかかわらず、年齢等によってその負担割合が区分されています。

※現役並み所得者…70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者です(被保険者が70歳未満の場合は、その被扶養者である高齢受給者は、現役並み所得者とはなりません)。ただし、高齢受給者の被保険者・被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方は1割負担)となります。

※被扶養者が後期高齢者医療制度の被保険者となったときでも、被扶養者であった方の年収と併せて計算できます。

(注2)高額療養費制度について

高額療養費とは、1ケ月(月初から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、後で払い戻される制度。 その際に必要な書類として、健康保険高額療養費支給申請書が必要であり、70歳未満の方で医療費が高額になることが事前にわかっている場合は「限度額適用認定書」を提出する方法が便利です。

詳細は全国健康保険組合のホームページにて

全国健康保険組合(高額療養費制度)のページ

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/28
▲ PAGE TOP

PAGE TOP