脊椎分離症/すべり症

カテゴリー:

整形外科

脊椎

3d render medical illustration of the human spine

脊椎分離症とは

脊椎は前方の椎体と後方の突起部からなっており、脊椎分離症は、突起部の関節突起間部に分離が起こり、腰痛を発症する疾患である。ほとんどが下部腰椎の第5腰椎で起こる。

腰部を反らす動作や回旋運動が繰り返し行われることによって、腰部に過剰な負荷がかかり、疲労骨折を起こすことが原因とされている。疲労骨折を起こした後、骨癒合がなされないまま突起部の上関節突起と下関節突起が分離した状態が脊椎分離症である。
激しいスポーツをしている成長期の子供やスポーツ選手に多い疾患である。

脊椎すべり症とは

脊椎分離症によって起こる分離すべり症と分離症を伴わない変性すべり症とがある。
分離すべり症は、関節突起間部が分離して不安定になった脊椎の椎体が変形を起こし、前方にすべり出すことによって起こる。

変性すべり症は、中高年に多く、加齢に伴って椎間板が変性することで起こりやすい。前方へすべり出した椎体が、神経が通る脊柱管を圧迫するので腰部脊柱管狭窄症と同様の症状が出る。

脊椎分離症・すべり症の症状

主に腰痛が生じ、腰を反らす動作、捻る動作をした時や、分離部分を押すと痛みが増強する。神経根の圧迫がある場合は、下肢痛を生じることもある。

変性すべり症で脊柱管狭窄が起きた場合は、中を通る神経根や馬尾神経が圧迫されるため、腰痛、下肢痛だけではなく、下肢のしびれや間欠跛行、排尿障害などを伴う。安静時よりも動作時に痛みやしびれが増強しやすい。

脊椎分離症・すべり症の治療

脊椎分離症では、骨癒合が期待される場合は安静とコルセット装着による保存療法が行われる。その他、痛みに対しての薬物療法や神経ブロックが選択される。

骨癒合が難しいと判断される場合は、脊椎周囲の体幹筋や骨盤周囲筋を鍛えるリハビリテーションが行われる。分離部に負担をかけない姿勢のとり方の学習も重要である。

すべり症が進行し、脊柱管狭窄による下肢の痛みや歩行障害、排尿障害が重度の場合は固定術などの手術が適応となる。

神経への圧迫を取り、不安定な状態になっている椎骨の安定をはかります。


「後側方固定術(PLF)」


全身麻酔の手術。患者様の患部、腰の後方を縦に切開。靭帯・骨を切除し、神経への圧迫を解放します。腰椎の後方からスクリューを入れて離れている椎骨を元の位置に戻すように固定します。時間の経過にてスクリューが緩むのを防ぐ為、自家骨と腰椎の側方にて骨を移植します。


メリット:強い疼痛。痺れや麻痺の緩和。
デメリット:手術での周辺神経や組織、血管の損傷リスク、手術中、手術後の合併症のリスク。


「後方侵入椎体間固定術(PLIF)」


全身麻酔の手術。患者様の患部・腰の後方を縦に切開。靭帯・骨を切除し、神経の圧迫を解放します。腰椎の後方から変性した椎間板を取り除き、取り除くことでできた椎体の間に自家骨や人工骨のスペーサーを入れて固定する。安定をはかる為、スクリューを用いた後方固定術を併用することもある。


メリット:強い疼痛。痺れや麻痺の緩和。
デメリット:手術での周辺神経組織、血管の損傷リスク。手術中、手術後の合併症のリスク。

間違えられやすい他の病気

多発性神経炎

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/06/17
▲ PAGE TOP

PAGE TOP