脊椎分離症 / すべり症

脊椎分離症とは

脊椎は前方の椎体と後方の突起部からなっており、脊椎分離症は突起部の関節突起間部に分離が起こり、腰痛を発症する疾患である。ほとんどが下部腰椎の第5腰椎で起こる。

腰部を反らす動作や回旋運動が繰り返し行われることによって、腰部に過剰な負荷がかかり、疲労骨折を起こすことが原因とされている。疲労骨折を起こした後、骨癒合がなされないまま突起部の上関節突起と下関節突起が分離した状態が脊椎分離症である。激しいスポーツをしている成長期の子供やスポーツ選手に多い疾患である。

脊椎すべり症とは

すべり症には脊椎分離症によって起こる分離すべり症と分離症を伴わない変性すべり症があります。
分離すべり症は関節突起間部が分離して不安定になった脊椎の椎体が変形を起こし、前方にすべり出すことによって起こります。

変性すべり症は中高年に多く、加齢に伴って椎間板が変性することで起こりやすい。前方へすべり出した椎体が神経が通る脊柱管を圧迫するので腰部脊柱管狭窄症と同様の症状が出る。

脊椎分離症・すべり症の症状

主に腰痛が生じ、腰を反らす動作、捻る動作をした時や分離部分を押すと痛みが増強する。神経根の圧迫がある場合は、下肢痛を生じることもある。

変性すべり症で脊柱管狭窄が起きた場合は中を通る神経根や馬尾神経が圧迫されるため、腰痛、下肢痛だけではなく、下肢のしびれや間欠跛行、排尿障害などをともなう。安静時よりも動作時に痛みやしびれが増強しやすい。

脊椎分離症・すべり症の治療

脊椎分離症では骨癒合が期待される場合は安静とコルセット装着による保存療法が行われる。その他、痛みに対しての薬物療法や神経ブロックが選択される。

骨癒合が難しいと判断される場合は、脊椎周囲の体幹筋や骨盤周囲筋を鍛えるリハビリテーションが行われる。分離部に負担をかけない姿勢のとり方の学習も重要である。

すべり症が進行し、脊柱管狭窄による下肢の痛みや歩行障害、排尿障害が重度の場合は固定術などの手術が適応となる。

神経への圧迫を取り、不安定な状態になっている椎骨の安定を図ります。

後側方固定術(PLF)

全身麻酔で手術を行います。患者様の患部、腰の後方を縦に切開し、靭帯・骨を切除、神経への圧迫を解放します。また腰椎の後方からスクリューを入れて離れている椎骨を元の位置に戻すように固定します。時間の経過にてスクリューが緩むのを防ぐため、自家骨と腰椎の側方にて骨を移植します。

メリット

強い疼痛や痺れ、麻痺の緩和。

デメリット

手術での周辺神経や組織、血管の損傷リスク、手術中、手術後の合併症のリスク。

後方侵入椎体間固定術(PLIF)

全身麻酔で手術を行います。患者様の患部・腰の後方を縦に切開し、靭帯・骨を切除、神経の圧迫を解放します。腰椎の後方から変性した椎間板を取り除き、取り除くことでできた椎体の間に自家骨や人工骨のスペーサーを入れて固定します。安定を図るため、スクリューを用いた後方固定術を併用することもあります。

メリット

強い疼痛や痺れ、麻痺の緩和。

デメリット

手術での周辺神経や組織、血管の損傷リスク、手術中、手術後の合併症のリスク。

セルゲル法(椎間板修復インプラントゲル治療術)

PLDD法(経皮的レーザー椎間板減圧術)やPODD法(経皮的オゾン椎間板減圧術)と同様に、近年研究・開発されてきた先進治療方法の一つであり、エビデンスがしっかりしている治療法では最も新しい治療法である。
最も特徴的なのは、従来の外科手術やPLDD法やPLDD法では根本原因である椎間板の修復や再生は不可能であったが、セルゲル法では椎間板の代わりとなるインプラント化するゲルを直接椎間板に注射することで、それが椎間板の変形したり損傷している部位に入り込み固定化し修復されることである。また、椎間板が修復されることで椎間板自体が自身の再生能力によって元の正常な機能を回復するとされている。

脊柱菅狭窄症が発生している場合、痛みやしびれの根本原因は椎間板の変性にあることが多いため、セルゲル法によって解決できるケースも多いと考えられる。MRI画像上で骨や靭帯の変形による圧迫よりも、椎間板の変形による圧迫や炎症が見られる場合にはセルゲル法が第一の選択肢になるだろう。

メリット

・他の治療法では不可能であった「椎間板の修復・再生」が可能なため、根治的治療になりえる
・椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、すべり症、椎間関節症、仙腸関節障害など幅広い疾患に対して適用できる
・外科手術後に痛みが取れなかった方や、再発してしまった場合でも治療を受けることができる
・80歳以上の高齢者でも治療を受けることができる
・局所麻酔であること、また細い針だけで治療するため身体への負担が少なく日帰りで治療が可能

デメリット

・椎間板が潰れてほとんどなくなってしまっているような場合は適用とならない
・先進医療かつ自由診療のため治療費が高額である


提供医療機関
日本ではILC国際腰痛クリニック東京で提供されている
https://ilclinic.or.jp/

間違えられやすい他の病気

多発性神経炎

この病気に詳しい医師

記事がありません。