胃がん

カテゴリー:

がん

消化器

Human digestive system stomach - close-up

胃がんとは

胃がんとは胃の粘膜にできた悪性腫瘍である。胃がんは、わが国におけるがんの死亡率で、女性は1位、男性は2位である。ただし、男女比は、男性は女性の約2倍である。

胃がんは、胃の大きく膨らんだ大彎側の下部や幽門前庭部の領域にできるものが多く、前者には潰瘍状の陥凹型、後者には隆起型の頻度が高い。早期胃がんと進行胃がんがあり、胃壁を侵して広がる浸潤の深さによって分けられる。

胃壁は、表層から粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、筋層、漿膜下層、漿膜からなる。早期胃がんは、がんの浸潤が粘膜内、または粘膜下層に止まるものをいう。早期胃がんは診断上また治療上の必要性から、病変部の表面形状によって、粘膜より突出の著しい隆起型、凹みが著しい陥凹型とその中間にあたる表面型のタイプに分類される。さらに表面型は、表面隆起型、表面平坦型、表面陥凹型に細かく分けられ、表面陥凹型の頻度が最も高い。年齢的な見地からは、陥凹型は若年層に多く、隆起型は高齢者に多く見られる。

進行胃がんは、がんの浸潤が筋層を越えてみられる状態で、腹膜、肝臓、膵臓など他臓器への播種性転移や粘膜下リンパ管を経て胃周囲リンパ節へリンパ行性転移、また、血管を経て肝臓、肺など全身の臓器へ血行性転移などが予想できる。

胃がんの症状

早期胃がんの場合、がんに特徴的な症状は見られない。粘膜部分の炎症によって胸やけやげっぷ、食欲不振などの胃炎に類似した症状が認められる程度で、ほとんどの場合、無症状である。

進行胃がんでは、食欲不振、体重減少、貧血、腹痛、しこりなどの症状が現れることが多い。進行すると肝臓に転移し、肝臓が腫れる肝腫大や腹膜に転移して腹水が溜まるなどの身体的な症状が出ることもある。また、十二指腸潰瘍に似た空腹時の痛みなどの症状を示すこともある。

胃がんの危険性がある症状

以下のような生活習慣または症状で出ている場合、胃がんの可能性があります。

・喫煙者であるまたはたばこの煙が多い場所にいる事がよくある。
・辛い物をよく好んで食べる。
・野菜は嫌いだ。
・週3日はアルコールを飲んでいる。
・ストレスは感じやすい。
・冷たい飲み物や熱いものを一気に飲むことがある。
・実は以前に比べて急に食欲がなくなった。
・げっぷの回数が増えた。
・嘔吐や吐き気を起こすことが多い。
・みぞおちに痛みを感じることがある。
・下痢と便秘を繰り返す。
・便の色が赤黒い。または黒だ。
・すっと胃もたれが続いている。

もし、複数の項目が該当する場合は胃がんの可能性があります。
 病院での検診を行うことができますので、該当する方は病院で診断をうけましょう。

あと、香辛料を好んで食べたり、飲み物を一気に飲むことは、
萎縮性胃炎にかかる可能性があり、発がんの元となりますので食事の時間・分量にも十分に気を付けましょう。

間違えられやすい他の病気

慢性胃炎、胃潰瘍 oj遠隔セカンドオピニオン

 

胃がんの検査と診断

早期検診が最も大切で、自覚症状があろうがなかろうが、40歳を過ぎたら年に一回はレントゲン線または内視鏡による検査を受けることが望ましい。

基本的な胃切除術は、周囲のリンパ節を含めて胃の3分の2から4分の3を切除する。リンパ節に移転がなければ、予後は良く、再発もほとんどない。また、隆起型や1.5㎝以下の陥凹型であれば、内視鏡を用いての未開腹切除の治療法も行われている。

胃がんの治療方法

胃がんの手術成績は、病気の進行度によって左右され、リンパ節に転移している頻度が低い早期胃がんの手術成績は極めて良い。

①外科療法

胃がんの主流治療法は切除手術です。ステージ(病期)とがんのある部位によって胃の切除範囲を決めます。

  • メリット:がんの部位や進行度に対して、いろいろな手術法で、根治的な手術ができ、切除した胃の再建手術も行える
  • デメリット:開腹手術となる為、体の創が大きく、体への負担も大きい。肺炎・縫合不全・膵液漏・創感染・腸閉塞等の 合併症がおこることがあります。

②内視鏡治療

早期のがんで、深達度が粘膜でとどまっており、リンパ節への転移が認められない場合に適応します。
内視鏡を使用し、胃の内側から病変(がん)を切除します。

  • メリット:体への負担も少なく、開腹しない為、入院期間も短い。また術後も胃が温存されるため、一般的な食事も可能
  • デメリット:深達度の深いがんやがんの範囲の広い場合、内視鏡治療を受けることができない。 また、全てのがんが切除されたのか病理検査を行い、残っていた場合は再度手術を行う必要がある。

③薬物療法

高齢などで体力がなく手術の負担が大きい場合や治癒が難しいとされた時の延命の目的等に抗がん剤も用います。

  • メリット:手術後、目視できない程の小さながんに対して再発防止のために用いて効果が期待できます。
  • デメリット:食欲不振・倦怠感・脱毛・嘔吐などの副作用が起こる場合がある。

oj遠隔セカンドオピニオン

 

 

 

胃がんに関するブログはこちら→default_blog

 

 

 

 

 

◎入院期間や費用はあくまでも目安となります。病状によっては入院期間や費用が変わる可能性がある為、病院にてご確認ください。tab_igan

 

  • ※1 現役並み所得者…70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者です。
  • (被保険者が70歳未満の場合は、その被扶養者である高齢受給者は、現役並み所得者とはなりません)ただし、高齢受給者の被保険者・被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方は1割負担)となります。
  • 被扶養者が後期高齢者医療制度の被保険者となったときでも、被扶養者であった方の年収と併せて計算できます。

(注1)健康保険適用時の一部負担金の割合

年齢負担割合
小学校入学前2割
小学校入学以後70歳未満3割
70歳以上2割(※現役並み所得者は3割)

保険証等を提示して保険医療機関で医療を受けたときや保険薬局で薬の調剤をしてもらったときは保険医療機関等の窓口でかかった医療費の一部を支払います。これを一部負担金と言い、本人・家族、入院・外来にかかわらず、年齢等によってその負担割合が区分されています。

平成26年3月31日以前に70歳になった被保険者等(誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方)については、引き続き一部負担金等の軽減特例措置の対象となる為、平成26年4月1日以降の療養に係る一部負担金の割合は1割のままです。

保険証等を提示して保険医療機関で医療を受けたときや保険薬局で薬の調剤をしてもらったときは保険医療機関等の窓口でかかった医療費の一部を支払います。これを一部負担金と言い、本人・家族、入院・外来にかかわらず、年齢等によってその負担割合が区分されています。

※現役並み所得者…70歳以上の高齢受給者のうち、標準報酬月額が28万円以上の被保険者とその被扶養者です(被保険者が70歳未満の場合は、その被扶養者である高齢受給者は、現役並み所得者とはなりません)。ただし、高齢受給者の被保険者・被扶養者の年収合計額が520万円(高齢受給者である被扶養者がいない場合は383万円)未満であるときは、申請により2割負担(ただし、誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方は1割負担)となります。

※被扶養者が後期高齢者医療制度の被保険者となったときでも、被扶養者であった方の年収と併せて計算できます。

(注2)高額療養費制度について

高額療養費とは、1ケ月(月初から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、後で払い戻される制度。 その際に必要な書類として、健康保険高額療養費支給申請書が必要であり、70歳未満の方で医療費が高額になることが事前にわかっている場合は「限度額適用認定書」を提出する方法が便利です。

詳細は全国健康保険組合のホームページにて

全国健康保険組合(高額療養費制度)のページ

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/28
▲ PAGE TOP

PAGE TOP