糖尿病

カテゴリー:

その他

生活習慣病

糖尿病とは

糖尿病は、血液中のブドウ糖濃度(糖)が高い状態になりやすい身体的特質をいい、空腹時の血糖が126㎎/dl以上、食後2時間後の血糖値が200㎎/dl以上ある場合に診断される病気でです。

糖尿病の症状

口の渇き、疲労感、体重減少、多尿、視力障害、多食、化膿傾向などの症状がみられ、慢性の高血糖が続くと全身の血管に異常が生じ、様々な臓器に重大な障害、慢性合併症を引き起こす場合があります。血糖値が高いことだけで、必ずしも自覚症状が認められないこともあります。

放っておくと大変危険な糖尿病

糖尿病と気づかないまたは糖尿病と診断されたが治療を行わなかった結果以下のような合併症を起こす可能性があります。

糖尿病が引き起こす感染症

・歯周病・口内炎・湿疹・皮膚炎・肺炎・肺結核・胆嚢炎
・腎盂炎・膀胱炎

糖尿病が引き起こす合併症

・糖尿病昏睡・血管障害・脳血管疾患・網膜症・高血圧
・動脈硬化・狭心症・心筋梗塞・糖尿病性腎症・腎不全
・壊疽・間欠性はこう

感染症・合併主の中には肺結核・心筋梗塞といった命にかかわる病気にかかる可能性も出てきますので、糖尿病の可能性または診断された場合は早急に医師に相談し、治療することをお勧めします。 

糖尿病の原因

糖尿病は糖や脂質の代謝に重要な役割をもつホルモンであるインスリンの働きが不足することによって起こります。インスリンは肝臓や全身の筋肉、脂肪組織における糖・タンパク・脂質の代謝調整に重要な働きを担うペプチドホルモンで、膵臓の内分泌部である膵島(ランゲルハンス島)に分布するB細胞で産出され、血液中に分泌されます。食物中の糖質は、腸管でブドウ糖(グルコース)に分解され吸収されて、血液を介して、脳、肝臓、筋肉、脂肪組織など全身に運ばれます。インスリンはこのようなブドウ糖を消費し、血糖値を下げる働きをします。

肥満、高脂肪食摂取、運動不足、種々のストレスなどの環境因子もインスリン抵抗性の悪化やインスリン分泌機能の低下に関与し、2型糖尿病(後述)の発病や悪化の原因となり、 また、血糖値を高める働きのあるホルモンの過剰分泌による疾患や膵疾患、肝硬変などが原因で糖尿病の状態になる場合もあります。

間違えられやすい他の病気

バセドウ病、自律神経失調症

oj遠隔セカンドオピニオン

 

 糖尿病の分類

糖尿病は遺伝的素因が強く、タイプは二種あります。
1つは膵臓のランゲルハンス島にあるインスリン分泌細胞が破壊され、高度のインスリン欠乏に陥るタイプで、1型糖尿病と呼ばれており、糖尿病患者の2~3%以下と推定されます。白人に比べると日本人がかかる割合は少なく、免疫細胞が自らのインスリン分泌細胞を攻撃して破壊するものと考えられ、ウイルス感染や免疫系遺伝子が関係する可能性があります。
発病前、発病時の肥満は見られず、発病年齢は若年で一般に10~14歳で、発病は急激です。インスリンの分泌は極端に低下し、治療にはインスリン注射が欠かせません。

もう1つは、肝臓や筋肉でインスリンが効きにくいインスリン抵抗性、インスリン分泌細胞が分泌細胞は機能低下に陥りやすいインスリン分泌不全などの素因による複数の遺伝的素因が複雑に関係する2型糖尿病である。発病前、発病時に80%の患者に肥満がみられ、発病年齢は成年以降46~60歳で若年化の傾向にあり、発病はゆるやかである。インスリンの分泌はわずかに低下する。食事療法と運動療法が中心となる。

インスリンの働き

インスリンは肝臓や全身の筋肉、脂肪組織における糖・タンパク・脂質の代謝の調整に重要な働きを担うペプチドホルモンで、膵臓の内分泌部である膵島(ランゲルハンス島)に分布するB細胞で産出され、血液中に分泌されている。食物中の糖質は、腸管でブドウ糖(グルコース)にまで分解され、吸収され血液中に入り、血液を介して、悩、肝臓、筋肉、脂肪組織など全身に運ばれ、貯えられ、消費される。このようなブドウ糖の利用を調整するホルモンがインスリンである。

糖尿病の治療法

インスリン注射

食事制限を行ったり、日々適度な運動で糖尿病の治療を行ったが、改善が見られないまたは体内でインスリンを作ることができない1型糖尿病患者に対して使用することがある。

oj遠隔セカンドオピニオン

 

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP