脊柱管狭窄(腰部)

カテゴリー:

整形外科

脊椎

human radiography scan

腰部脊柱管狭窄症とは

椎骨が積み重なってできている背骨に囲まれた管状の空間を脊柱管という。脳から頸椎部、そして胸部の脊髄、腰椎部へと続く脊柱管の硬膜の中には繊維性の神経束である馬尾神経が通り、神経は脊柱管の中で、各方面へ伸びて行くべくして枝分れする。腰部脊柱管狭窄症は神経を保護する役割をもつ脊柱管が狭くなり、神経と一緒に走る血管が圧迫されることで、神経が障害され、腰痛や下肢の痛み痺れが出る病気である。

腰部脊柱管狭窄症の原因と症状

先天的に脊柱管が狭かったり、血流の悪化により、椎体を繋ぐ靭帯の肥厚や骨化、椎体の骨棘などによって、脊髄や神経根が圧迫されることが原因である。腰痛、違和感、張り感、足に痛みや痺れ、握力の低下、排尿排便障害などの症状が出る。また、間欠跛行の症状もある。進行は緩慢のため病気であることに気付き難く、そのため慢性化しやすい。老化現象のひとつで、加齢によって誰でも少なからず脊柱管は狭くなる。

腰部脊柱管狭窄症の診断

腰部脊柱管狭窄症は、問診や身体所見、神経反射、知覚異常の有無、筋力などを調べることで診断され、症状の現出される部位によって、どこの神経に障害があるのかも推測される。また、X-PやMRI、CT画像などによって脊柱管に狭窄が見られる場合は腰部脊柱管狭窄症と診断される。

腰部脊柱管狭窄症の治療方法

腰部脊柱管狭窄症の治療方法には保存方法と手術療法がある。保存方法は、ステロイド、リリカ(神経障害性疼痛薬)など「薬物療法」、牽引療法や温熱療法、体操療法などの「理学療法」、体表面の筋肉を鍛える運動や腸腰筋などの体のコアの筋肉を鍛える「運動療法」、局所麻酔薬を神経の痛む場所に注射し、痛む神経を麻痺させて痛みをとる「神経ブロック療法」がある。また、歩行障害や両手の使いにくいなどの巧緻運動障害などが生じたケースなどでは、早期の手術が望ましい場合もある。

腰部脊柱管狭窄症の手術方法

保存的治療で効果の出ない場合、外科手術を行います。

「部分椎弓切除術」

全身麻酔での施術。患者様はうつ伏せです。背中に4㎝程の切開。椎弓の一部をドリルで削り、神経を圧迫している靭帯骨を摘出します。

メリット:従来の「広範椎弓切除術」では多くの骨を削っていた為に後遺症として腰痛が残る場合があったが、「部分椎弓切除術」ではそのリスクが少ない。
デメリット:術後の手術創の痛み。手術中、手術後の合併症のリスクがある。約2週間入院が必要。

「内視鏡下脊柱管拡大術(MEL)」

全身麻酔にて内視鏡下での手術を行います。背中より患部へアプローチします。椎弓の1部を削り、神経を圧迫している黄靭帯や肥大している椎間関節を切除します。

メリット:内視鏡との切除に使用する小鉗子を通す捜査官の直径が小さい為、手術創が2㎝程で目立たない。術後の疼痛も軽く手術中、手術後の合併症の合併症のリスクが少ない。入院期間も約1週間と短い。
デメリット:脊柱管の狭窄範囲が広い場合治療を希望しても適応外の可能性がある。

「脊椎刺激療法(SCS法)」

鎮痛剤を使用したり他の腰の手術を受けても痛みが慢性的(慢性難治性疼痛)になっている方に効果があるとされます。治療のしくみとしては痛みの信号が神経を経て脊椎に伝わり、脳へと伝達され「痛み」を感じます。

そこで「痛み」を伝える脊椎に電気刺激を与えて、脳の「痛み」信号を伝わりにくくすれば「痛み」が緩和されるとされます。したがって脊椎刺激療法は痛みの原因を取り除くのではなく、「痛み」を和らげるための治療法です。

電気刺激の感じ方は個人差がありますが、トントンとマッサージのような感じです。手術は局所麻酔にて試験的(トライアル)に電気刺激を与えて、効果を検討します。望ましい効果が出ましたら、次の手術で刺激装置を植込みます。

「トライアル」時には「リード」と呼ばれる刺激電極のみを硬膜外腔という脊髄を保護している膜の外側部分に挿入し、その後効果が確認され患者様の使用したい意思があれば機器一式を植込みます「本植込み」の手術となります。

「本植込み」「トライアル」ともに局所麻酔ですが、入院期間はあわせて入院約1週間程となります。
退院後、「リード」と「刺激装置」が安定してきたら、「体外式神経刺激装置」を患者様自身でコントロールすることができます。

メリット:慢性難治性疼痛を緩和できる。
局所麻酔での低侵襲度の手術である(体に負担が少ない)
健康保険の適応手術(費用については治療を受けられる病院にご相談ください)
デメリット:疼痛の根治的治療ではない。(疼痛の緩和が目的である)

「DST(ディスクシール治療)」

椎間板の切除術またはレーザー治療などの減圧術とは異なる治療方法であり、椎間板の修復・再生することで症状を改善させる治療方法になります。
大きな特徴として、今までの外科手術は特定の腰痛疾患のみに対応していることが多かったのですが、DST治療に関しては椎間板が原因となっている脊柱管狭窄症やすべり症・分離症・椎間板変性症などの腰痛疾患にも対応しています。
脊柱管狭窄症の患者様で脊椎固定術を行った場合は、症状が再発しても再手術が難しく、神経ブロックや内服することで痛みを抑えることしかできないことがありましたが、DSTは椎間板ヘルニアが原因で脊柱管が狭窄している場合はの椎間板を修復・再生することで椎間板ヘルニアによる脊柱管への圧迫を軽減し、腰痛や神経痛などの症状を改善させることが可能です。
治療の流れとして、非常に細い針を刺して椎間板まで到達し、専用の薬液を注入することで椎間板を修復・再生させる治療方法です。手術のリスクとして挙げられるのが神経障害や麻痺ですが、DSTの場合は神経領域を通過しない為、リスクが極めて少ないといえます。

メリット:治療の適応となる腰痛疾患が多い。傷口が1㎜以下と非常に小さく、出血もほぼない。
再手術が困難・症状が再発した場合でも治療の適応が可能。
治療当日に帰宅でき、すぐに社会復帰が可能。

デメリット:国民健康保険が適応外。治療を行える病院が少ない。
副作用として、つぶれた椎間板が修復・再生することにより、もとの身長に戻る。

腰部脊柱管狭窄症の対処方法

体質改善を行うことで体全体を調整することが重要だが、背中を反らすと神経が圧迫される症状が出やすいので、比較的楽な前かがみの姿勢を取るようにする。

間違えられやすい他の病気

多発性神経炎

この病気に詳しい医師

_MG_0445-01

名前野中 康行
クリニック名 ILC国際腰痛クリニック
 所在地 大阪府大阪市東淀川区西淡路1-35 IMC国際医療センタービル
 URLhttps://il-clinic.com
略歴
2002年 川崎医科大学
2002年 医師免許取得
2006年 神鋼加古川病院(現加古川中央市民病院) 勤務
2011年 医療法人青心会 郡山青藍病院
麻酔科・腰痛外来・救急科 勤務
2011年 医療法人青心会 理事 就任
2018年 ILC国際腰痛クリニック 開設

公開日:2015/06/16
▲ PAGE TOP

PAGE TOP