脊椎圧迫骨折

カテゴリー:

整形外科

脊椎

脊椎圧迫骨折とは

体重を支えている脊椎の椎体(ついたい)が圧迫されてくさび形に変形してしまうことを圧迫骨折といいます。高齢の骨粗しょう症、骨形成不全の患者様が圧迫骨折になることが多く、転移性骨腫瘍など癌からの椎骨が弱まることで圧迫骨折になることもあります。

他にも物を持ち上げる、腰をかがめる、階段を踏み外す、尻もちをつく、転倒するなど日常の生活で骨折することもある為、原因となった動作自体思い出すことが難しく、高齢者だけでなく若者でもスポーツ事故や転落事故での発症することもあります。

脊椎圧迫骨折の症状

継続的な鈍い痛みを伴い、長時間の歩行や座っているとき、寝返りをうった場合でも激しい痛みが走ることがあります。稀ですが脊椎内の神経が損傷し、その影響で感覚の麻痺や損失という事もあります。神経が損傷した場合は、症状として、脚に対しての痛みや痺れ、筋力の低下、直腸膀胱症状(失禁)も考えられます。
なかには、圧迫骨折の患者様でも痛みを全く感じない方もおられるようですが、椎体に対しての負荷がかかっていますので、治療をしない限り骨折している周りの骨に負担がかかり次々と骨折する可能性もあります。

脊椎圧迫骨折の保存療法 

ベッドでの1~2週間安静後、コルセットまたはギブスの装着をしてのリハビリを行います。消炎鎮痛薬や骨粗しょう症の薬を服用します。
 手術等と比べて、身体への負担が少ないのですが、長期間の入院が必要あり特に高齢者の長期間の入院で筋力低下がおこる場合もあります。

脊椎圧迫骨折の手術

今まで脊椎圧迫骨折の外科手術といえば、金属製の器具で固定または骨を移植する「固定術」が主流とされていましたが、より患者様の身体に負担のない手術法として
「椎体形成術」と「BKP治療法」が行われています。

「椎体形成術」

局所麻酔にて背部より、圧迫骨折部分(骨折した椎体)に3㎜程の針を刺し、「骨セメント」を充填し、椎体を安定させます。
手術での創は小さく、手術時間も短い事がメリットですが、
 骨セメントが目的の椎体以外に充填または漏れておこる合併症がおこる可能性がごく稀ですがあると言われています。

「BKP治療法」

椎体を骨折前の形体に復元し、その後に椎体内に骨セメントを注入する手術法で、
背中から骨折した椎体へ細い針を差し、経路をつくり先端に風船(バルーン)のついた器具を入れ、椎体の中に入れた風船を膨らませ、つぶれていた椎体を持ち上げて、骨折前の形体に近づけます。その後に風船を抜くことで椎体内に風船が入っていた空間ができ、そこへ骨セメントを充填します。
 ・手術の創が非常に小さく身体への負担が小さい。
・手術時間も約1時間と短い。
・ 疼痛緩和が高い確率で期待できる。
・健康保険が適応される手術法。

といった様々なメリットがある治療方法ですが、骨折した骨の状態や数によっては手術できない場合があり、術後に合併症が発症する可能性もあります。

「脊椎刺激療法(SCS法)」

鎮痛剤を服用、他の腰の手術を受けても痛みが慢性的(慢性難治性疼痛)になっている方に効果があるとされます。治療のしくみとしては痛みの信号が神経を経て脊椎に伝わり、脳へと伝達され「痛み」を感じます。

そこで「痛み」を伝える脊椎に電気刺激を与えて、脳への「痛み」信号を伝わりにくくすれば「痛み」が緩和されるとされます。したがって脊椎刺激療法は痛みの原因を取り除くのではなく、「痛み」を和らげるための治療法で、85%の人に効果があります。
電気刺激の感じ方は個人差がありますが、トントンとマッサージのような感じです。
手術は局所麻酔にて試験的(トライアル)に電気刺激を与えて、効果を検討します。
望ましい効果が出ましたら、次の手術で刺激装置を植込みます。
「トライアル」時には「リード」と呼ばれる刺激電極のみを硬膜外腔という脊髄を保護している膜の外側部分に挿入し、その後効果が確認され患者様の使用したい意思があれば機器一式を植込みます「本植込み」の手術となります。「本植込み」「トライアル」ともに局所麻酔をうちます。

本植込みの手術時間は1~2時間程度で、入院期間はあわせて1週間程となります。

1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目

トライアル埋め込み

効果を確認本植込み安静退院

退院後、「リード」と「刺激装置」が安定してきたら、「体外式神経刺激装置」を患者様自身でコントロールすることができます。

術後は1年に1回外来での受診が必要になります。装置の寿命は約10年で装置の交換の際は、1泊2日入院が必要になります。

慢性難治性疼痛を緩和でき、健康保険が適応される手術方法ですが、疼痛の緩和が目的である為、疼痛の根治的治療ではありません。
 

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/07/22
▲ PAGE TOP

PAGE TOP