狭心症、慢性虚血性心疾患

カテゴリー:

循環器系

心臓

3d render medical illustration of the human heart

狭心症とは

心臓の心筋に血液や酸素を運ぶ働きをしている冠状動脈が、動脈硬化を起こして血管の内側が狭くなり心筋に十分な血液を送れない場合や、冠状動脈の激しい収縮によって血行障害が起こると、心筋は虚血状態となる。

虚血状態が一過性に起き、心筋の虚血が一時的な場合を狭心症、虚血状態が長時間続き、心筋が壊死に至るものを心筋梗塞という。このような心筋の虚血が起こる障害をまとめて、虚血性心疾患と呼ぶ。

心臓の特性

心臓の心筋は全身に血液を送るために、休むことなく収縮と弛緩を繰り返し、多大なエネルギーを消費し続けている。心臓を走る冠状動脈は、右冠状動脈と左冠状動脈からなり、左冠状動脈は前下行枝と回旋枝の二本に分かれる。

冠状動脈は、心臓が全身に血液を送り出すためのエネルギー源となる酸素や栄養を心筋に供給する働きをしている。その冠状動脈が血行障害を起こし、心筋に血液が十分に行き渡らなくなると、需要と供給のバランスが崩れ、心筋はエネルギーを産出することができなくなる。多大なエネルギーを必要とする心筋は、虚血に大きく左右されやすい。

狭心症の原因

狭心症や心筋梗塞を起こす冠状動脈の血行障害は、動脈硬化による血管内側の狭窄が原因である。特に、コレステロールを含む粥状硬化巣による物が多い。粥状硬化巣の出血や潰瘍が原因となって血栓を生じると、血管が塞がれて冠状動脈の血流は悪くなる。血栓により、冠状動脈の血流が完全に途絶えると心筋梗塞となる。狭心症は一時的に冠状動脈の血流が悪くなる場合の他、冠状動脈の激しい痙攣による場合もある。

間違えられやすい他の病気

逆流性食道炎

oj遠隔セカンドオピニオン

 

狭心症の特徴

狭心症の症状は、一時的な心筋の虚血が原因で起こる。胸痛や胸部の圧迫感を認めることが多く、無症状で経過する無症候性心筋虚血もあるが、狭心症と同様に治療を行う。血管の痙攣が原因で起こる狭心症の発作は、早朝や夜間の安静時に起こりやすい。

狭心症の治療方法

①薬物療法

血管の緊張を緩め、心臓への負担を減らし、血液が固まるのを防ぐ。
例)硝酸薬・カルシウム拮抗薬・交感神経β遮断薬

②風船療法

カテーテルと呼ばれる細い管を冠動脈の入口までとおし、その管の中に細い針金を狭窄した血管まで送り込む。その後に、バルーンを狭窄部まで送り、バルーンを拡張させることで狭窄した血管を押し上げる治療法。押し上げたあとに、ステントと呼ばれるコイル状の金属で再度狭窄しないように内側から支えることもある。

③バイパス手術

狭窄された冠動脈に、身体の他の部の血管(胃部、胸部、足の静脈部)を使用してバイパス(迂回路)を作る。薬物療法で効果がなかった、またはカテーテル治療が困難、不可能な場合に行うことがある。

oj遠隔セカンドオピニオン

 

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP