頻脈性不整脈

カテゴリー:

循環器系

心臓

頻脈性不整脈とは

心臓は、心筋から発生された電気信号により、規則正しく拍動している。しかし、何らかの理由で電気信号に異常が生じ、脈が不規則になった状態が不整脈である。不整脈は、期外収縮、脈が速くなる頻脈性不整脈、脈が遅くなる除脈性不整脈に大きく分類され、頻脈性不整脈は1分間の脈拍が100以上となり、通常よりも脈が速く打つ場合をいう。

頻脈性不整脈の種類

頻脈性不整脈は、心臓の心房で起こる心房性と心室で起こる心室性がある。心房性の頻脈性不整脈には、例として運動中に脈が速くなるような生理的な現象である洞性頻脈や、心房が300回を超える速さで不規則に震え、脈拍がバラバラに打つ心房細動、心房に異所性興奮が出現して、急に頻脈が出現する上室性頻脈、心房が1分間に300回程の興奮を起こす心房粗動などがある。心室性の頻脈性不整脈は、突然死の原因ともなる命に関わる不整脈で、心室が不規則に収縮して全身に血液を送り出すことができない心室細動、心室が脈を速く打ちすぎて血圧がほとんど出なくなる心室頻拍がある。

頻脈性不整脈の原因

心筋症や心臓弁膜症などの心臓の病気がある場合や、心筋梗塞、狭心症など心筋の壊死を起こす病気やその基となる高血圧、糖尿病が頻脈性不整脈の原因としてあげられる。
甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患や慢性の肺疾患、睡眠不足、精神的ストレス、アルコールやカフェインの過剰摂取、加齢によっても起こる。

頻脈性不整脈の症状

脈拍が100回以上の速さやバラバラに乱れて打つ、動悸、胸痛や胸の圧迫感、眩暈、立ちくらみ、痙攣、失神などの症状が現れる。

頻脈性不整脈の治療法

①経皮的カテーテル焼灼術

血管を通して心臓内まで電極のついたカテーテルをいれ、高周波を用いて不整脈の発生源を焼灼する方法。

②薬物治療

特発性の不正頻脈にはβ遮断薬やわそらんなどの抗不整脈薬が有効であり、持続性心室頻脈にはアミダオロン、ニフェカランカ、ソタロールが処方されることが多い。

oj遠隔セカンドオピニオン

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP