慢性副鼻腔炎

カテゴリー:

耳鼻咽喉科

慢性副鼻腔炎とは

鼻を支える骨格の中には副鼻腔と呼ばれる空洞がある。副鼻腔は自然口という細い孔を介して鼻腔(鼻の孔)に繋がっており、その表面は薄い粘膜で覆われている。この粘膜の炎症が副鼻腔炎である。蓄膿症ともいう。

慢性副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎は細菌の感染や鼻アレルギーなどが原因となって発症する。鼻腔の粘膜が細菌に感染して炎症を起こすと、その粘膜は副鼻腔表面の粘膜につながっているため炎症は副鼻腔内部にまで拡大する。炎症による膿汁や粘液の分泌、粘膜の腫れが起きると狭い自然口は詰まりやすいので、副鼻腔内には分泌物が蓄積して空気の循環が悪化する。また分泌物に含まれる白血球が生体組織を壊す組織障害因子という物質を出すためさらに病態が進行することになる。

細菌の感染経路は鼻腔からの侵入ばかりでは無い。副鼻腔の底にあたる上顎洞という部分は歯根に近いため虫歯などの細菌が副鼻腔に達して炎症を起こす(歯性上顎洞炎)事もある。

鼻アレルギーが原因となって鼻腔の粘膜に腫れや炎症が生じた場合も同様に副鼻腔内の循環や排泄が悪くなって副鼻腔炎を発症する。鼻アレルギーによって自然口近傍の粘膜が腫れ上がると鼻茸(はなたけ)と呼ばれる突起物を生じる事があり、酷い鼻詰まりが起こって嗅覚にも影響を及ぼす。

慢性副鼻腔炎の症状

主な症状は鼻詰まりと鼻汁である。鼻汁(鼻漏)には粘液性と膿性、両者の混合した粘膿性があり、稀に血液が混じる事もある。急性副鼻腔炎の場合は粘性の低い「みずっぱな」に始まり、進行につれて粘液性、膿性となる。慢性副鼻腔炎の場合は通常粘液性であるが、風邪をひいて膿性に悪化する事もある。近年増加しているアレルギー性の副鼻腔炎では粘液性である事が多い。

鼻以外にみられる症状としては頭痛、頭重、目の奥の痛みなどが挙げられる。また前述した歯性上顎洞炎の場合は腐臭をともなうのが特徴である。副鼻腔炎が脳の働きを鈍らせるように言われる事もあるが、実際の根拠はありません。

慢性副鼻腔炎の治療

①薬物療法

抗生物質を少量で1、2ヶ月間内服続ける。(約7割の方が改善)

②うがい

生理的食塩水を使った鼻うがい法。

③外科手術

鼻茸(ポリープ)が存在して自然口を閉鎖している場合に、内視鏡にて確認しながら鼻茸を取り除き、閉鎖した自然口を開放して副鼻腔の自浄作用を取り戻す。

oj遠隔セカンドオピニオン

 

 

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP