痛風の根本治療|痛風の悪化を防ぐ|薬を使わず治す「痛風の最新治療」

痛風
セカンドオピニオン.com公式ブログ

-薬を使わない治療「アロハ医学」-

この記事のポイント
1. 痛風の原因は、体の末端の循環の阻害や腎臓の機能低という深い原因がある
2. 血液の悪質化が物質的には一番深い原因になる
3. 痛風の最新治療は、体質改善を行い血液の質や血流を改善する治療である
【この記事の監修ドクター】
ハワイ・ジュジュべ・クリニック院長
東洋医学博士  亀井士門 医師  ~Dr. Cimone Kamei~

痛風の原因とは?

一般の西洋医学では、痛風は尿酸が溜まって炎症が起こることが原因の症状とされていることから、関節炎の抗炎症薬や尿酸降下薬などを使って炎症や尿酸を抑える治療が行われます。しかし、東洋医学などの各種自然医学でみると、痛風には体の末端の循環の阻害や腎臓の機能低というさらに深い原因があります。たとえ西洋医学の血液検査で腎機能に問題がなくても、東洋医学などの自然医学では、検査に映らない体の恒常性のバランスの崩れを発見して行きます。さらにアロハ医学では、これらの自然医学の見方に加えて、全身の血液の状態を診て行きます。腎臓にも発症している患部にも血液は身体中隅々までめぐる血液の悪質化が物質的には一番深い原因になります

薬を使わない痛風の治療法とは?

尿酸値が上がる原因である腎機能の低下や、炎症の元になる末端への循環の阻害を整え、同時に血液を良質にするためには腎臓に良いハーブや血液を改善することはもちろんのこと、大元にある血液の状態を改善することが大切で、痛風の悪化を防ぎます。ビタミン、ミネラルや各種栄養素が入ったデトックス剤「ラア」、CBDカヘキリとホールフード栄養錠剤等を使用しながら体質改善を行うことが必要です。

痛風の最新治療の内容は、ジュガクレオパトララップフットスイナーアーシング針治療スクレーピングカッピング、ポラロミセラピー、ホットタオル、頭蓋調整などです。クリニックでは治療中も随時アーシングを行います。家では、就寝時のアーシングシーツ使用し、正しい食事、ジュガ運動を行い根本から直して行きます。

ジュジュベ・クリニックで治療を受けたい方はコチラ

↓アーシングに関する動画↓

アーシング治療の効果や方法、また健康にどう影響するのかをまとめた動画です。血流の改善にも役立ちます。

痛風の目安の治療期間は?

化学薬剤によって対症療法的に痛みや尿酸を抑えてしまう方法ではなく、尿酸や炎症が起こる根本原因を正す治療であること、そして症状の度合いや、体の機能や血流が改善される時間は人それぞれなので、目安の期間は人それぞれですが、改善が見え始めるのは数日から一ヶ月を目安にします。その後も、血流が改善され続けることでさらに良くなることが期待できます

痛風の治療で特に気を付けないといけない事は?

誤った食事を避け体を治す食事法を実践する事。体を元から治癒する時には、倦怠感や痒みなどの好転反応という体が治癒する時に出る反応が知られています。当院の治療では、この好転反応があまり出ないようにプログラムされていますが、稀に好転反応が出ても時に過剰に反応しない事。

痛風の治療は薬を併用してもいい?

薬との併用はもちろん問題はありませんが、化学薬剤を体に入れることは治癒を遅める可能性があるかもしれません。

薬の併用は大丈夫??

 

痛風予防の体質作りで特に気を付けないといけない事は?

予防体質づくりで大切なのは、血液を汚さない正しい食事と生活習慣です

 

 

この記事に対するお問い合わせや、ジュジュベ・クリニックの治療を受けたいという希望があれば、下記のリンクからお問い合わせ下さい。

お問い合わせはココをクリック