胆嚢炎

カテゴリー:

胆嚢炎とは


胆嚢炎は、胆石や細菌感染が原因となって胆嚢に炎症が起こる疾患である。胆嚢が炎症をおこしている病気。胆石または細菌が原因となることが多い。


脂質の多い食事をすると胆嚢が収縮して、胆嚢内に貯蔵されている脂肪の消化・吸収を助ける胆汁が十二指腸に排出される仕組みとなっている。胆石とはコレステロールやビリルビンが結石化したもので、胆嚢内や胆管にできる。胆汁が排出される際に胆石が動いて刺激となることや、胆石が胆嚢管に詰まり、胆汁の流れが悪くなって細菌感染を引き起こすと、胆嚢に炎症が起こりやすい。


胆嚢炎の症状


右側腹部、肩部の痛み、発熱吐き気や嘔吐(高齢者は発熱しないこともある)、症状が悪化すると、白血球上昇、胆嚢壊疽、胆嚢穿孔、黄疸、膵炎、イレウス症等合併症が発症することもある。急性胆嚢炎と急性胆嚢炎を繰り返す慢性胆嚢炎がある。


間違えられやすい他の病気


胆管炎remote_bt_s




胆嚢炎の診断


血液検査や超音波、レントゲン、CT、MRIなどでの画像検査を行い、炎症の値や肝機能、胃や腸など他の疾患の有無、胆嚢の状態、胆石の有無などを調べる。


胆嚢炎の治療


絶食絶飲での安静、点滴治療、抗生物質や鎮痛剤の投与などの内科的治療を行い、必要に応じて手術を行う。胆石による胆嚢炎の場合は、再発予防のために胆嚢摘出の手術が行われる。軽症の場合は腹腔鏡による手術が行われ、重症の場合や、過去に上腹部の手術の既往がある場合は開腹手術が選択される。穿孔や壊疽を起こしている場合、胆石が原因ではない胆嚢炎の場合は緊急手術が必要となる。全身状態や黄疸が重症の時は、胆嚢内に貯まった膿を外へ出す胆嚢ドレナージが行われることもある。胆嚢摘出を前提とし、その後点滴を打ちながら抗生物質を投与する。


①腹腔鏡下胆嚢摘出術


腹部に3ヶ所穴をあけ、そこから機材を入れて手術を行う方法。祖入されたカメラで確認しながら手元で電気メスやハサミを操作し胆嚢を摘出する。メリットとして開腹手術と比較しても、傷が小さく術後の痛みが軽い、早期退院ができる。胆嚢結石や合併症を起こした場合に再発防止の他に行うこともある。


②その他


結石が大きい場合や胆嚢の炎症や周りの臓器の癒着がひどく腹腔鏡下胆嚢摘出術が難しい場合に行うことがある。15~20㎝腹部を切開するため、腹腔鏡手術よりも快復に時間がかかる。目安として7~10日間の入院が必要。摘出後の点滴・抗生物質投与は絶飲絶食で行う。もし、改善が見られない場合は腹部に管を挿入し、胆汁を出す胆嚢ドレナージと呼ばれる治療法を行うことがある。


consul_bt_s




胆嚢炎の予防


胆嚢炎の発症は、胆石が原因となることが多い。コレステロールによる胆石がほとんどで、脂質の多い食事や不規則な食生活でできやすい。規則正しいバランスのとれた食生活と適度な運動の継続が大切である。


10月25日 12:17

改行 送信


この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP