問合せの多い例

カテゴリー:

当サイトをご覧いただいた中で一番問合せが多かったのが、主治医にどう相談すればいいでしょうか?と受付する前についての質問が非常に多い印象です。
もしかして、医師に相談することで今後、その病院に行きづらくなるのではないかとお考えでしょうか?そうであれば、その考え方を一度忘れてみてはいかがでしょうか。

もし、あなたがセカンドオピニオンを相談したと仮定して、不機嫌な態度をとるような主治医であったとすれば、治療方法の相談をしたとしても医師のマニュアル通りの返事や強引に話をすり替えられたりなどあなたが望むことを聞き出し理解いただく事は難しいと考えられます。むしろ、今ではセカンドオピニオンを理解をしてくれる医師のほうが多いと言われており、よほどのことがなければ紹介状も一緒に書いてくれるはずです。

では、そのためにはどうアクションを起こせばいいでしょうか?

セカンドオピニオンの本当の意味を理解する。

セカンドオピニオンの意味は当サイトでの記載しているのですが、”第二の意見”という意味であり、あくまでも知りたい情報を整理してください。
もし、主治医が不機嫌な態度をとる医師もどうかと思いますが、もしかしたら患者様自身にも質問するまたは依頼の仕方にも工夫が必要だと思います。
例として医師として患者様の視点に立って今までの経験上有効であった治療法を案内しているのに急に否定的な態度をとれば、人間ですのであまりいい気はしないでしょう。
もちろん無理に医師の判断の言いなりになる必要はありませんし、なにも言わなければその治療方法を受けることになる為、意見を伝えることは重要なことだと考えられます。
では、一つの方法として主治医に、「実は自分の病気に対して調べてみたところ、別の治療法を見つけまして、一度話を聞いて考えたいので、紹介状をいただい」と言ってみればどうでしょう。もしその病院にて調べた治療法があるのであれば、その場で治療方法と有効性を説明していただけるでしょうし、病院に治療法がないのであれば患者の気持ちになっていただき、紹介状を書いていただけるでしょう。

あとは、その治療法と比較して結果を元の主治医にお話しいただければ、今後の信頼関係がおかしくなることはないと思われます。

追記:セカンドオピニオンはご自身または御家族様の病気の治療に関する意見を求めることが目的ですので、保険の適用・裁判での使用・遺産相続などといった目的での画像診断やご相談はセカンドオピニオンとは違います。

最後に決断するのは患者自身。

前項で記載した方法で、治療方法を調べてから主治医に相談することで紹介状を依頼することは可能ですが、ただ最終的にその治療方法を選ぶのは、”主治医ではなく患者自身”です。
治療方法と言っても様々であり、仮に乳がんが発症した場合に”治療法”といった治療方法に関しては、インターネットで検索すればすぐに出てきます。
但し具体的な事例に関してはなかなか見つからないことが多く、人によって意見が分かれている為、多くの事例を調べてから主治医に相談する必要があります。
あとセカンドオピニオンの自費診療の為、施設によって様々ですが、時間制であったり通常の診療代金と比べて高くなることもあります。
自分の命や体のことですから、聞きたい内容をこれ以上ないくらいまで調べてからうまく整理して相談してください。
相談医からたくさんの情報を得て、自分自身で今後の方針を選択しましょう

 

 

 

公開日:2015/09/23
▲ PAGE TOP

PAGE TOP