肩こりの症状によっては…

カテゴリー:
循環器内科整形外科消化器内科

一般的に肩こりというと「いつでも肩が重くて」とか「若いころから肩がこって」というように病気のイメージが少ないのか危機感を感じにくいということもあるかもしれません。

一般に肩こりは、寒さによる筋肉の委縮や、ストレスや疲れによる血流悪化によって引き起こされますが多いのですが、時として他の病気から肩こりになることもあり、命にかかわることがあります。

いくつか例を挙げさせていただきました。

くも膜下出血

心臓はポンプの役目をしており動脈を介して血液を体中に送ります。もちろん脳にも休むことなく送り続けます。ただし、肩こりのひどい人の肩や首の静脈はうっ血した筋肉により圧迫されて細くなり、うまく頭から血液が流れません。それでも心臓はどんどん頭に血液を送る為、頭の中に血液が充満され頭の圧力が上がります。血管が弱くなっていると破裂してしまいます。肩こりの時の頭痛は脳の圧力が上がるために起こるものです。くも膜下出血など脳からの出血で命を落とすような人は、数日前からひどい頭痛に襲われることがあるそうです。

左肩のコリによる心臓疾患

肩こりは、左肩または右肩といった“片側のみが異常にこる”という場合もあるのです。
肩こりは、多くの日本人が抱えている身体の症状ですが、心筋梗塞からくる肩こりには特徴があります。ある日突然、今までに感じたことのないような左肩だけにこりを感じる、といった症状を自覚した数時間から数日の間に発作を起こされる方が多くいます。
心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化により血管が狭くなり、血流が閉塞されることで起こり、心筋に血液が行かないと、その部分が壊死してしまい、壊死の部分が大きくなると心臓の収縮・拡張ができなくなるため、命にかかわる危険な状態となり死に至る場合があります。
他にも心臓の栄養を養う血管。心臓に近い左肩のこりは、心臓の異常のサインの可能性も。マッサージをしても肩こりが改善されない、日毎、時間毎に肩こりがひどくなる、今までと違う肩こりを左肩に感じる、という場合は、病院での診察が必要かと思われます。
 

胃の不調が発生する肩こり

心臓疾患以外に、左肩のコリがひどいという場合、胃の不況が肩コリの要因としても考えられます。左肩には心臓の影響とリンパ管の影響が現れます。体内を流れている血管やリンパ管は、左半身と右半身では、役割が違うので、片側のみの異常、ということが起こります。左肩周囲には、心臓から流れて体内を一周した血液とリンパ管が合流する、左静脈角という栄養が集中しやすい器官があります。暴飲暴食や、不規則な生活などによって、胃が疲れると、リンパ液や血液の循環が悪くなり、この左静脈角のある、左肩がこります。胃は、ストレスやお酒の飲みすぎなど、不摂生によって影響を受けやすいデリケートな器官です。ストレスや胃への過剰な負担などによって、胃が弱ると、リンパ液や血液がどろどろになって、左肩あたりの筋肉がこわばります。これが、胃からくる左肩こりのしくみです。この場合は、ストレスを減らし、食生活の改善、食事の量・回数を減らし、胃を休めてあげることが、左肩こりの解消につながります。

肩こりのよる痺れ

左肩こりが酷く、しびれもある場合は、大きく分けて筋肉からくる場合と神経系からくる場合が考えられます。肩こり・首のこりにより、頸椎の血行が悪くなると、筋肉が委縮し、その下を走っている神経を圧迫します。首には、頸椎という7つの骨がありますが周りの骨または筋肉の障害が起きると、その下の神経根が障害され、肩部や腕・手の疼痛やしびれが起こると言われています。
また、首の歪みからくる肩こりの場合、頸椎椎間板ヘルニアも考えられます。
こちらも同様に、首の骨や軟骨の異常によって、神経を圧迫しますので、圧迫する部位によって、肩こりや首肩痛、ときにはしびれを引き起こします。

 

まとめ

肩こりは、肩のみのケアだけでなく、他の身体の器官の病気の可能性がありますので、注意が必要です。こういった原因の場合、マッサージなど、肩への治療だけでは改善されませんので、病院での受診をお勧めします。
多くの場合、首や肩の疲労による血流悪化が原因と呼ばれる肩こりですが、肩こり解消のマッサージも原因によって方法やマッサージする部位が異なり、自分でのマッサージによる影響で炎症がおこる場合もある為、肩こりがひどい場合は先に原因を知ることが大事です。
姿勢の悪さや首の歪みが原因の場合、左肩のみに負担のかかる動作の改善と、姿勢の矯正が大事です。

いずれも画像診断を受けることで、原因がはっきりしますので、医師の診察を受けましょう。
放置していても、なかなか改善に向かうことはありませんので、早めの受診がおすすめです。

公開日:2015/08/10
▲ PAGE TOP

PAGE TOP