脂質異常症(高脂血症)

カテゴリー:

その他

生活習慣病

脂質異常症(高脂血症)とは

血液中に存在する、コレステロール、中性脂肪、リン脂質などの脂質がひとつでも異常値になることを脂質異常症もしくは高脂血症といいます。コレステロールの増加は放置しておくと動脈硬化症をまねき、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など生命にかかわる合併症を引き起こす可能性が高いと言われています。

脂質の役割

脂質は人体にとって必須の役割りをもち、コレステロールは細胞膜の構成成分として、副腎や性腺でのホルモンの材料として、肝臓での胆汁酸の材料として利用され、また、中性脂肪はエネルギー源として利用されます。 

コレステロールの役割

コレステロールや中性脂肪、リン脂質などの脂質は水に溶けにくい為、アポタンパクと結合して、リポタンパクという構造をとって血液の中に取り込まれ、全身に運ばれます。数種類あるリポタンパクの中で、低比重リポタンパク(LDL)はコレステロールを含む割合が高く、コレステロールを全身の末梢組織に運ぶ役割をもち、LDLは悪玉コレステロールと呼ばれ、その増加は高コレステロール血症の原因となっています。

一方、高比重コレステロール(HDL)は善玉コレステロールと呼ばれ、肝臓で産出され全身を循環し、末梢組織の細胞からコレステロールを引き抜き、肝臓まで運ぶ役割がありますので
HDLが増加すると血液中のコレステロール濃度が減少し、HDLの一部は肝臓で胆汁酸に変換され、腸管へ送られ、便とともに排泄されるが、ほとんどは肝臓にもどります。
また、経年によって、LDLは増え、HDLは減る傾向にあります。

脂質異常症(高脂血症)の原因

食事での脂質の過剰な摂取や運動不足などの生活習慣は脂質異常症の原因となります。
食事にはバランスが重要であり、摂取した脂質量の総量ばかりではなく、摂取した脂質量の割合が高ければ、脂質異常症の原因となります。

また、脂質異常症の原因になかには遺伝的要因もあり、この場合、食生活や生活習慣に気を付けていても、体質的に、LDLが血液中にたまりやすく、動脈硬化をおこしやすいと言われています。もし、家族に脂質異常症の方がおられた場合は早めに検査を受けてLDLの数値を確認しておく必要があります。

その肝臓での脂質の合成の亢進、取り込みの障害、処理能力の低下、分解酵素の異常などは、脂質異常症につながります。
例えば、血液中のLDLは受容体を介して細胞に取り込まれるが、その受容体に先天的な機能障害があると、LDLは肝臓や末梢の組織で利用されないまま血液中に留まるため、血液中の濃度は増え、肝臓ばかりでなく代謝経路のどこか末梢細胞においてでも、障害があれば、脂質異常症が発生します。

脂質異常症(高脂血症)の症状

多くの場合は症状が現れない為、血液検査で分かることがほとんどです。遺伝によっておこる家族性高コレステロール血症においては、コレステロールの塊が手足の腱や皮膚にできたり、コレステロールの白い色素が黒目のふちに沈着することがあります。

脂質異常症(高脂血症)の予後

脂質異常症と診断されても、自覚症状がない為、そのまま放置してしまう方も多いでしょうが、しかし、脂質異常症の怖いところは、気づかないうちに病状が進行し、動脈硬化になりさらに進行が進むと心筋梗塞や脳の血管では脳梗塞といった命にかかわる病気になることもあります。

脂質異常症(高脂血症)の治療

食事療法・運動療法

脂質異常症の治療の基本は食事療法と運動療法で、この二つを長く続けていく必要があります。

薬物療法

生活習慣の改善で脂質の値が下がらない場合は、薬物療法が行われます。薬には、コレステロール値を下げる薬や、中性脂肪値を下げる薬があり、脂質異常症のタイプに合わせて薬を選択します。場合によっては、数種類の薬を併用して服用することもあります。薬の効果を確認するために、定期的に血液検査を行う必要があります。

LDLアフェレーシス

家族性高コレステロール血症のある方を対象にLDLアフェレーシスという療法も行われます。LDLアフェレーシスとは、血液を腕などの静脈から取り出し、その中からLDL(悪玉コレステロール)を除去してから、再び体内に戻す治療法です。一般には2週間に1回の頻度で行います。治療中や治療後はほとんど副作用がないと言われていますが、場合によっては頭痛、血圧低下、不整脈、吐き気や嘔吐、かゆみなどのアレルギー反応、呼吸困難が起こることもあります。

 

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP