膀胱がん

カテゴリー:

がん

泌尿器(がん)

bladder


膀胱がんとは


膀胱にできる悪性腫瘍のことである。泌尿器のがんで一番多いのは膀胱がんで、次いで前立腺がん、腎がんとなっている。


膀胱がんの特徴


膀胱の表面も移行上皮からなっており、膀胱がんの多くは移行上皮がんである。
膀胱内のあちこちに多発する特徴があり、腎盂、尿管、尿道の尿路内にもがんが併発することがある。
腫瘍は乳頭状に増殖し、移行上皮から下層の筋層へと浸潤して、骨盤内リンパ節、肺、肝臓、腹膜などの他臓器へ転移する。


膀胱がんの症状


初期は無症状であるが、血尿が見られることがある。進行すると膀胱痛や排尿痛がみられ、腫瘍が内尿道口を塞ぐと排尿障害や尿閉なども起こる。症状が現れたら直ちに膀胱鏡の検査を受けに受診することを勧める。


要注意。膀胱がんの危険性がある症状


ここでは、膀胱がンの危険性がある症状を記入されていただきます。


・血尿があることがある。
・尿が出にくいことがある。
・急にトイレに行く回数が増えた。
・排尿時に痛みを感じる。
・薬を飲んでも膀胱炎が治らない。


血尿に関しては、排尿時に痛みを感じる場合は尿路結石・腎臓結石の可能性が出てきますが、痛みがない血尿は膀胱がんの可能性が大きいです。
もし、上記の内容に該当する場合は、一度病院にて検診していただくことをお勧めします。


 


膀胱がんの原因


内因性の因子によると考えられているが、化学物質の芳香族アミンが原因の一つとされており、化学物質を扱う職種の人に発生する膀胱がんを職業性膀胱がんという。


間違えられやすい他の病気


膀胱炎oj遠隔セカンドオピニオン



膀胱がんの治療


①外科的治療


手術によってがんの部分を切除する治療法。 膀胱がんの外科治療の基本は2種類。


1)経尿道的膀胱腫瘍切除法 表在性のがんに尿道から内視鏡を入れ、電気メスでがんの部分を切除する手術。



  • メリット:手術時間が比較的に短く、膀胱を温存する。

  • デメリット:浸潤度の高いがんには不適応で、がん部分を完全に切除できず、残る場合がある。


 


2)膀胱全摘出術法 がんの浸潤度が高い場合の適応となり、膀胱の全摘出とリンパ節郭清をします。



  • メリット:膀胱で発生したがんを全切除できる可能性が高い。

  • デメリット:女性では子宮を摘出し、男性では前立腺と精のうも摘出しまう。また尿路変更術を行いますので、QOL(生活の質)に変化がでてしまう。


②放射線治療


放射線を使用してがん細胞の死滅を図ります。



  • メリット:浸潤性のがんに適応し、化学療法と合わせて膀胱を温存する治療に使用。

  • デメリット:周囲の正常な組織にも影響し、直腸からの出血や皮膚のただれ等が起こる場合があります。


③化学療法(薬物療法)


転移性のあるがんに対して適応します。



  • メリット:膀胱を温存する目的の治療の為、放射線治療と合せて効果を出すことが可能

  • デメリット:吐き気、食欲不振、貧血、口内炎などの副作用が出ることがある。


④BCGまたは抗がん剤の膀胱内注入法


膀胱内の上皮内がんがある場合に、膀胱内にBCGや抗がん剤を注入する治療方法。



  • メリット:通院での治療が可能であり、経尿道的膀胱腫瘍切除の後のがん再発の予防効果がある。

  • デメリット:筋層に広がったがんに対しては効果が薄い。


oj遠隔セカンドオピニオン




この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/28
▲ PAGE TOP

PAGE TOP