変形性腰椎症

カテゴリー:

整形外科

脊椎

変形性腰椎症とは

主に加齢により、椎骨をささえる椎間板が変形、摩耗したり弾力性が低下することにより椎骨同士が摩擦をおこし、こすれ・骨の一部が変形した状態を「骨棘」と呼びます。
この骨棘が椎間板を傷つけ、更にまわりの神経を刺激して痛みが出ます。また靭帯も加齢により弾力性がなくなり、劣化する事で痛みが出ます。これらが腰部で発生することを変形性腰椎症と呼びます。

原因と症状

加齢が永きにわたっての腰の負荷によって腰椎の周辺組織が変形。更年期障害として女性に対して発生する場合もあります。症状は腰部の鈍痛・だるさ。後屈や前屈時また動作の初めの時に痛みが出ます。

治療法

原因が加齢(老化)によるものが多く、治療法は対症療法で主に保存療法を用いります。

保存療法

①薬物療法(消炎剤や鎮痛剤の投薬)
一定期間の間、痛みを軽減し痛みによる血行障害等を取り除く働きがある。
メリット:血流に乗り、体内の深いところへ届き吸収される為、鎮痛効果が高い。
デメリット:副作用により胃腸障害等。

②運動療法
適度な運動をする事によって、筋肉の緊張をほぐし、血流をよくします。
また、骨や筋肉などの腰周辺の組織を鍛える事で老化を抑えたり、疼痛を和らげ、腰痛が発生しにくい体にします。
メリット:外科的手術をしないで、治療効果と予防効果を得られる。
デメリット:すべての変形性腰椎症に適応ではなく、急性期(ぎっくり腰)の腰痛や椎骨周辺の変性が見られる腰部椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などの場合は症状を悪化させる場合がある為注意が必要。

外科的療法

下半身のしびれや腰部の疼痛が重い場合は「外科的療法(手術療法)」にて適応する場合もあります。主に腰部脊柱管狭窄症です。

①除圧固定術
加齢などにより腰椎の内側にある神経が通る脊柱管内の靭帯などが変形し、中を通る神経を圧迫してしびれや痛みが発生します。
脊柱管を狭めている椎間関節や靭帯などを切除して圧迫を取ります。
現在主流として体の負担が比較的少ない「後方除圧固定術」で主に「椎弓切除術」「部分椎弓切除術」「椎弓形成術」の3種類があります。
メリット:根治的治療となり、疼痛の改善が期待できます。体への負担も比較的少ない手術法です。
デメリット:全身麻酔下の手術なので外科手術としては低侵襲であるが、高齢者には体の負担が大きくなる場合もある。合併症の可能性。

②SCS法
高齢者などの場合、外科手術の体への負担が大きい場合や複合した重度の脊柱管狭窄症などで除圧固定術などの手術が難しい人に用いられる治療法。
「痛み」の信号は神経を経て脊椎に伝わり、脳へと伝達され「痛み」を感じます。そこで「痛み」を伝える脊椎に電気刺激を与えて、脳への「痛み」信号を伝わりにくくすれば
「痛み」は緩和されます。
メリット:多くの「腰痛」とされる症例の85%に効果があるとされている事。手術が低侵襲性である事。健康保険適応の治療法である事。
デメリット:疼痛の緩和治療であり、根治的治療ではない。

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/07/22
▲ PAGE TOP

PAGE TOP