筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)

筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)とは

筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)とは腰の筋肉の過緊張の発生やそれに伴う筋繊維の損傷を起こしたために起こる腰痛のことを言い、神経学的検査でも背骨や椎間板などの関節部に異常が見当たらないのにも関わらず、痛みがあるという腰の痛みです。

筋筋膜性腰痛(筋性腰痛症)の症状

初期症状として腰の周辺に軽い痛みを感じるほか、腰がなんとなく疲れる、腰がこる、だるい、重苦しい感じがするといった腰の不快感を感じます。

腰を休ませずに放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われることもあります。

筋筋膜性腰痛の原因

筋筋膜性腰痛症の原因は腰回りの筋肉への過度な負担と言われています。
腰に負担のかかる動きは重いものを持ったり、急激に腰を曲げたり捻ったり反らせたりすることで起こります。
また、長時間の中腰や前傾姿勢の維持、ジャンプでの着地動作も腰へ負担がかかります。

ただ、このような動作は多くの人が行っている動作であり、このような動作をする人が必ず筋筋膜性腰痛症になる訳ではありません。

筋筋膜性腰痛症になる原因はこれにプラスして、そもそもの姿勢の崩れが腰に過度な負担をかけている場合や腰に過度な負担がかかる動作になる柔軟性の低下などが背景にあります。

・股関節や胸椎の柔軟性の低下
・肥満
・膝や足首の怪我

などは腰に過度な負担がかかります。

筋筋膜性腰痛の診断

問診や理学的検査(視診、触診、打診)、画像検査(X線検査・CT・MRI)などの検査をして総合的に診断し、特に日常の生活で腰に負担をかける動作がないかを確認します。

患部を目視したり画像検査をしても原因が特定できない場合もあります。

筋筋膜性腰痛の治療

一般的には筋肉に大きな負担をかけない、疲労させない事として日常生活においても気を付けることで痛みが回復することもありますが、痛みがおさまらない場合の治療法としては、保存治療(運動療法・温熱療法・薬物療法・装具療法)があります。

①運動療法

筋肉が伸びたり委縮した状態になっての痛みですので、 ゆっくりとストレッチなどの運動をすることで腰の筋肉の緊張をほぐします。 また徐々に筋力を増強することも治療となります。

②温熱療法

ホットパックや超音波などで腰を温めます。腰を温めることで血の流れが良くなります。血の流れが良くなる事で筋肉の緊張がほぐれて痛みが緩和されたり、疲労物質が流れ出て回復が早まります。

③薬物療法

炎症を抑えて痛みを和らげる消炎鎮痛作用(痛み止め薬)を投与します。湿布(シップ)、軟膏、クリームなど、塗り薬タイプの外用薬を主に使用します。

④装具療法

腰用のコルセットやサポーターなどの器具を腰に装着して、腰の動きの安定を目的とし、腰部への負荷を少なくして痛みを軽減します。

手術や薬を使用しないため合併症や副作用が無く、年齢や体力を気にせず、いつでも用いることができ、腰へ負担を軽減し安定した良い姿勢を保つことができる。

ただし、長期間使用すると筋力が弱り、装具を使用しない時は疼痛が重くなることもあります。(痛み止め薬)を投与します。

この病気に詳しい医師

野中 康行 先生

ILC国際腰痛クリニック 院長

大阪府

専門分野
腰痛治療の名医
診療科目
整形外科
相談事例
・脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアに良い治療法を教えてほしい
・DST治療後にリハビリやスポーツジム・マッサージ・整体は可能ですか
・脊柱管狭窄症で手術をするか悩んでいる
・原因のわからない腰痛の治療方法はありますか
・なぜ椎間板ヘルニアが起こるのですか
・椎間板ヘルニアの箇所により症状はかわりますか
・坐骨神経痛の痛みを治すにはどのような事が効果的ですか
・日帰りできる腰痛の先進治療と一般的な外科的手術の違いについて知りたい