心不全

カテゴリー:

循環器系

心臓

3d rendered medical illustration of a human heart

心不全とは

心不全とは、心臓が全身へ送り出す血液量が著しく減り、血液を全身の組織に循環させることが十分にできなくなった状態をいい、「うっ血性心不全」と「急性心不全」があります。

病名ではなく、「心臓の動きが不十分な結果」のことを指し、状況によっては心不全の種類や程度が異なり、心筋梗塞などの心臓病からや、高血圧が原因での心臓に負担がかかることなど、様々な理由から心不全とよばれています。

うっ血性心不全は、心臓にもどる血液量が少なくなる「うっ血」状態になる病態をいい、心臓弁膜症や高血圧症などによって心臓に負担が加わると、心筋は徐々に肥大して収縮力を増すことで心機能を保つように変化します。しかし、その限界を超える過剰な負担が持続して加わることで心筋の収縮力は著しく低下する為、心拍出量が減少し、血液が末梢に滞り、心臓にもどる血液量が少なくなる「うっ血」状態になるということです。

急性心不全は、急激に心拍出量が減少して血液の著しい下降をみる病態をいい、。大量出血などによる循環血液量の減少や末梢血管の拡張により心臓に戻る血液量が減少するといった原因で急激に心拍出量が減少、血液の著しい下降をみる病態になります。

うっ血性心不全の原因

説明の箇所でも記載したとおり、原因も複数考えられ、症状も多いことから原因を特定することが非常に困難です。

うっ血性心不全の場合、左心と右心の心不全の原因は異なり、左心不全の原因は高血圧症、心筋梗塞、狭心症、大動脈弁膜症、拡張型心筋梗塞が上げられ、右心不全の原因は肺高血圧症、肺動脈弁狭窄症などが上げられます。

うっ血性心不全の症状

うっ血性心不全は、色々な原因によって心室の拡張を生じ、血液が心室に流入する拡張期の圧が上昇するために静脈から心室への血液流入が滞り、静脈系にうっ血を生じる場合をいいます。

左心不全では肺静脈と肺にうっ血を生じ、せき、血たんの他、動悸や息切れ、疲れやすさを訴えるようになり、症状が進むと呼吸困難などを起こします。右心不全は左心不全に続いて起こることが多く、全身の静脈系にうっ血が起こり、肝臓が腫れる肝腫大、浮腫、腹水などが生じます。

急性心不全の原因

急性心不全は、外傷ややけど、大動脈瘤破裂、消化管出血、急性膵炎など血液の喪失、急性心筋梗塞、心筋症、重大な不整脈、心タンポナーデなどの心筋収縮力の低下により、心拍出量が極端に減少します。そのため、全身の組織が急激に低酸素状態や代謝異常に陥ったショック状態になる。

急性心不全の症状

急性心不全は、極端な血圧低下、顔面蒼白、冷や汗、吐き気、皮膚の冷感、頻脈、チアノーゼなどが起こり、意識消失をともなうこともあります。また、腎臓への血液供給量が減少するので、尿を作ることができず、乏尿・無尿となることもある。

他の症状として、疲れが出やすい。動悸。息切れ、体のむくみ、おなかがはる。心臓の働きが低下することで血液が滞り、息苦しくなる。進行度がますと呼吸するだけで喘息のようにヒュウヒュウと音がなり、早期入院が必要となります。

心筋症はどんな病気なのか

心筋症とは、心臓弁膜症や高血圧症などの原因がなくて、心筋の肥大をきたしたり、収縮不全により心不全をきたした病態の事を言います。心筋症は肥大型心筋症と拡張型心筋症・拘束型心筋症があります。

肥大型心筋症は、左心室壁の肥大と左心室の狭小化、心筋細胞の配列の乱れという特有な変化が生じるタイプである。肥大よって左心室から血液を送る左室流出路が狭くなり、血液の流れが障害され左心室の内圧が上昇する閉塞性肥大型心筋症となる。

拡張型心筋症は、心筋の収縮力が著しく低下し、一般的に左心室壁が薄くなり、内腔が拡張する。心筋の著しい収縮不全により、うっ血性心不全が起こる。

拘束型心筋症は、心室の壁が硬くなることで体に十分な血液が送れなくなり、心不全を起こします。

心筋症の原因

拡張型心筋症の原因は心筋が弱くなることであり、心筋が弱くなる原因として、ウイルス感染症が考えられます。他に先天性の疾患、糖尿病、肥満、甲状腺疾患などのホルモン障害、薬物やアルコールの使用が原因で心筋症になることもあります。
  
肥大型心筋症の原因はほぼ先天性な遺伝子の異常です。

拘束型心筋症の原因として心筋が徐々に損傷した細胞に換わる場合または心筋に異常な物質が蓄積して起こる場合がある為ということが言われていますが、原因の特定はできておりません。

心筋症の症状

肥大型心筋症は、息切れ、失神などを起こし、重大な不整脈で突然死に至ることもある。
拡張型心筋症は、息切れ、動悸などの症状の他、心拡大、肝腫大、浮腫などの心不全と同様な症状を生じます。予後は不良で、心不全または不整脈により死亡に至る場合があります。
拘束型心筋症の症状は運動時の息切れ、不整脈、動悸などが生じます。

心不全の治療方法

①生活療法(生活習慣の見直し)

  1. 塩分の制限
  2. 水分摂取の制限
  3. 体重の制限(急に体重が増加した場合は医師へ相談が必要)
  4. 運動制限(運動することは必要ですが、過度の運動は心臓に負担がかかり危険の為医師に確認が必要)
  5. 禁煙
  6. アルコール制限

②薬物療法

利尿薬(余分な塩分、水分を排出)
アンデオテンシン変換酵素阻害薬(血液・心臓への負荷の低下、心筋保護、心不全悪化予防)
β遮断薬(血圧、心拍数の低下、心臓への負荷を低下)
シゴキシン(心臓の増強剤)

③手術療法

補助人工心臓

弱った心臓にチューブをつないで身体に血液を送りだすのを補助する機械的ポンプで体内に埋め込みます。
メリット:3割の患者様は使用することで心臓を休めることができます。
デメリット:7割の患者様が心臓移植を行うまで、機械を中止・外すことができません。

心臓移植

脳死の患者様の心臓を摘出し、移植します。
メリット:重篤の心不全の患者様1年間の生存率50%以下に対し、1年生存率80%、5年生存率が80%と長く生きることが証明されています。
デメリット:手術可能な施設が限られており、ドナー不足であることが問題とされています。

④ペースメーカー

局所麻酔後に鎖骨の下から数センチ切開し機械を体内に挿入、リード線を右心室と右心房(両心室ペースメーカーは右心室、右心房、左心室)につないで、心拍数の乱れを制御します。

oj遠隔セカンドオピニオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この病気に詳しい医師

この病気に詳しい医師をすべて見る >

公開日:2015/04/30
▲ PAGE TOP

PAGE TOP