消化器科

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)

default_disease

 NASHとは最近注目されている病気です。アルコールを飲まない方でもなりえる肝臓の疾患です。脂肪肝から肝硬変、肝細胞がんに変異する病気です。推定患者は200万人で日本でのNASH予備軍が1,...

この記事を読む >

公開日:
2015/07/24
カテゴリー:

消化器科

腸閉塞

default_disease

腸閉塞とは腸閉塞はイレウスともいわれ、何らかの要因により、小腸や大腸の中の内容物や消化液の流れが悪くなって腸が塞がった状態である。口から摂取した飲食物や消化液は、小腸や大腸で消化・吸収が行われ、不要な...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

鼠径ヘルニア

default_disease

鼠径ヘルニアとは脱腸とも呼ばれる。ヘルニアとは臓器や組織が本来あるべきところから突出した状態のことを指す。鼠径ヘルニアとは、足の付け根の筋膜が裂けた影響で隙間ができ、内側にあった小腸や大腸が外へ突出し...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全

default_disease

慢性腎炎とは 腎臓のネフロンにある糸球体は、血液を濾過して老廃物を尿として体外へ排出する働きを担っている。糸球体に炎症が起こり、たんぱく尿や血尿を慢性的に生じる腎臓病を総称して慢性腎炎(慢性糸球体腎...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

肝硬変

default_disease

肝硬変とは慢性の肝障害によって肝細胞が死滅もしくは減少し、繊維組織化することによって肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく低下した状態を指す。しばしば肝硬変からがんが発生する。肝臓は表面から見るとでこぼこし...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

胆管(肝内外)結石、胆管炎

default_disease

胆管(肝内外)結石、胆管炎とは胆管は肝臓で作られた胆汁を胆嚢および十二指腸に導く管状の組織である。胆管に蓄積した結石を胆管結石(胆石)といい、発生した場所によって肝内結石(肝臓内部)、肝外 結石(肝臓...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

急性膵炎

default_disease

急性膵炎とは膵臓は食べ物を消化するための消化酵素と血糖調節を行うためのホルモンを分泌している臓器である。急性膵炎とは、何らかの要因によって分泌される消化酵素に膵臓自らが溶かされ、炎症・障害が起こる病気...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科

虚血性腸炎

default_disease

虚血性腸炎とは 大腸への血流障害によって酸素や栄養素の供給が阻害される事により、大腸粘膜が虚血となって炎症や潰瘍を生じる疾患である。   虚血性腸炎の原因 血管にみられる原因とし...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/30
カテゴリー:

消化器科


▲ PAGE TOP

PAGE TOP