消化器

腹膜炎、腹腔内膿瘍

default_disease

腹膜炎とは胃や肝臓、腸などの腹部の臓器は腹腔と呼ばれる空間に納まっている。普段、腹腔内は無菌であるが、何らかの原因によって腹腔内に細菌が侵入して炎症を起こし、腹腔を包んでいる腹膜にまで炎症が及んだ状態...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

後腹膜腫瘍

default_disease

後腹膜腫瘍とは後腹膜腫瘍とは、腹部後方に位置する後腹膜領域(後腹膜腔)の脂肪組織や結合組織に発生する腫瘍の総称である。後腹膜腫瘍には良性と悪性があり、悪性のものが多くみられる。良性腫瘍の例としては脂肪...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

胆嚢がん

Pancreas and Gallbladder

胆嚢がんとは胆嚢は肝臓と十二指腸をつなぐ胆道の一部であり、肝臓で分泌された消化液である胆汁を一時的に蓄えておく働きをしている。総胆管の途中から胆嚢管という細い管でつながっており、袋状の形状をした臓器で...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープ)

default_disease

大腸ポリープとは大腸の粘膜などの表面から隆起した突出物はすべてポリープと呼ばれる。一般的に茎をもった良性の腫瘤で、胃、胆嚢、子宮、鼻腔などの臓器にも発生する。大腸ポリープの種類組織の一部からがんの発生...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

腎がん

3d render medical illustration of the human kidney

腎がんとは腎臓にできる悪性腫瘍のことである。泌尿器のがんで一番多いのは膀胱がんで、次いで前立腺がん、腎がんとなっている。腎がんの種類と特徴腎がんには、成人に発生する腎細胞がん、腎盂がんと小児に発生する...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

食道がん

larynx

食道がんとは食道は食べ物を胃に送る働きをしている喉と胃をつなぐ管状の臓器であり、その形状は長さ25cm、太さ2~3cm、厚さは4mm程度である。食道の壁は4層構造になっており、内側の表面を覆っているの...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

肝臓がん

Human digestive system liver red colored - front view

肝臓がんとは肝炎が進行すると、肝小葉がこぶ状(結節)化してかたくなる。この状態が肝硬変で、またしばしば肝硬変の結節からがん(肝細胞がん)が発生し、これを肝臓がんと呼ぶ。肝臓がんには、肝細胞から発生する...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器

膵臓がん

Pancreas and Gallbladder

 膵臓がんとは膵がんとは,一般に膵臓から発生したがんのこと指します.膵臓はちょうど胃の後ろにある長さ15~20㎝程度の臓器で,右側は十二指腸の内側に接して連続しており,左の端は脾臓につらなり...

この記事を読む >

公開日:
2015/04/28
カテゴリー:

がん

消化器


▲ PAGE TOP

PAGE TOP