遠隔セカンドオピニオン®

- remote second opinion -

当サイトの遠隔セカンドオピニオンは、オペレーション・ジャパン株式会社が提供するサービスです

06-6210-4295

ご質問などお気軽にご連絡ください

menu

病気にお悩み一人でかかえていませんか
遠隔セカンドオピニオンは様々な疾患に対応
画像を送るだけ
がんの放射線治療も相談可能
数百超える専門医師のネットワーク

心筋症

心筋症とは 心筋症は、心筋の異常により、心臓から血液を十分に全身に送ることができなくなる病気です。心筋症は肥大型心筋症、 …

甲状腺がん

甲状腺がん 甲状腺がんとは 甲状腺は、いわゆる「のどぼとけ」の下にある、右葉と左葉からなる小さな臓器です。成長の促進や全 …

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは 大腸の粘膜に潰瘍や糜爛ができる炎症性疾患を潰瘍性大腸炎といいます。 発症年齢のピークは20代と言われて …

サービスの特色

遠隔セカンドオピニオンとは、弊社と全国各地の医師がオンラインで繋がる事により、画像データ等が共有可能となり、遠隔による診断が行えるというサービスです。

病院でセカンドオピニオンを受ける時困った事はないですか?

弊社の遠隔セカンドオピニオン
そのような「病気のお悩み」を解決します!

過去に撮影していただいたCT、MRIなどの画像データを病院からもらい、弊社にインターネットを通して、または郵送でお送りして頂くだけで、自宅にいながら手軽にセカンドオピニオンが受けられます。
(持ち込みも可です)

※内容により診断結果、病理検査、血液検査、診療情報提供料(Ⅱ)等が必要な場合もあります。

弊社の遠隔セカンドオピニオンを利用することで
次のような「メリット」が得られます

遠隔セカンドオピニオンのメリット

弊社の遠隔セカンドオピニオンの強みとは?

事前に弊社のコーディネーターが今までの治療の経緯や、悩み、本当に解決したい問題点をしっかりと聞き、顧問医師と打ち合わせをします。相談内容に応じて、画像診断専門医や各疾患の専門医と連携を取ることで、的確な判断を行うことができます。がんに関しては、外科的治療だけではなく、放射線治療についても相談可能です。

医師のネットワーク体制

医師のネットワーク体制の図

がんのあらゆる相談が可能な
「がんトータルサポート」 チームも構築

がん患者様やそのご家族へ各専門分野の担当が、治療についての相談はもちろんの事、心理的・精神的不安、経済面・生活での相談・遺伝についての相談など様々な疑問や悩みについてチーム体制をとりサポートさせて頂きます。

がんトータルサポートのチーム体制の図

サービスの流れ

画像データをお預かりして「遠隔セカンドオピニオン」を行います。患者様が病院にて撮影いただきましたMRI やCTなどの画像データを元に画像診断専門医が検査を行います。画像診断専門医が検査した内容の結果を結果報告書として記載し、総合診療科医が検査報告書とご依頼いただいた内容を確認したうえで解説または治療相談レポートとして書面を残し、検査委報告書とレポートを患者様に郵送いたします。(病理データや通院履歴などの詳細をいただければより正確な判断が可能です)

遠隔セカンドオピニオンの流れ

遠隔セカンドオピニオンの流れ問い合わせからレポートの受け取りまで

電話受付担当者がご依頼の内容をお伺いしてから。申込手続きのご案内をさせていただきます。

画像データを
・インターネット経由
・郵送
・事務所への持ち込み
のいずれかの方法でお送りください。
※弊社からリモートで画像ファイルの転送も可能です。

お預かりしました画像データを元に画像診断医が検査を行い、総合診断医が結果内容に対しての解説をレポートとして記入いたします。

STEP3の手続きが完了次第郵送にて診断結果のレポートを依頼者様に送付させていただきます。

準備するもの

○画像データ
(3か月以内に撮影いただきました画像データ)

病院から画像データを入手

※相談内容により、診断結果、病理検査、血液検査、診療情報提供料(Ⅱ)等が必要な場合もあります。

ご質問などお気軽にご連絡ください

06-6210-4295

営業時間:平日10:00~18:30
(土曜・祝日も営業 定休日:日曜日)

対応可能な病名

顧問医師

顧問医師の池田恢
医師名 池田 恢(いけだ ひろし)
診療科 放射線治療科
プロフィール 1967年:大阪大学医学部卒業。大阪労災病院放射線科勤務。大阪大学医学部放射線医学教室(助手ー講師)放射線治療を専攻し、大阪大学バイオ研集学放射線治療学教室助教授。1993年5月国立がんセンター(現:国立がん研究センター)・(中央病院・東病院)放射線治療部長、を歴任し2008年1月市立堺病院、副院長・放射線治療科部長、2015年7月:病院の移転・名称変更により堺市立総合医療センター、放射線治療科部長に就任、現在に至る。
〇日本放射線腫瘍学会認定医
〇日本医学放射線学会放射線治療専門医
〇日本がん治療専門医制度暫定指導医
〇第一種放射線取扱主任者
〇Best Doctors in Japan 2014-2015
専門は放射線治療、放射線治療の現場でがん患者さんの様々な疾患にたいして、あらゆるアプローチで対応。日本での重粒子線治療ならびに陽子線治療の立ち上げに携わった。医師としてのキャリアの大半をがんとがんの放射線治療に専念する。多くのがん研究学会に所属するかたわら、市民向けのセミナー、講演活動を多くている。
対応疾患 悪性腫瘍全般。全身のがんに対して国内外の最先端の「放射線治療」を中心に対応。特に「肺がん」・「消化器がん」・「前立腺がん」・「乳がん」・「悪性リンパ腫」に多大な実績あり。日本の放射線治療の発展に尽力する。重粒子線・陽子線を用いた根治治療から又、症状の緩和治療まで患者様の生活の質を良好に保ちつつ外科的治療法・化学療法とも連携し治療をすすめます。
モットー 患者さん目線で時間をかけてわかりやすく、納得していただける様、説明を致しております。そして状況に応じた的確な治療を受けて頂けるよう心がけております。
顧問医師の野中康行
医師名 野中 康行(のなか やすゆき)
診療科 総合診療科
プロフィール 川崎医科大学卒業後、主要都市の急性期病院の現場で、循環器内科医として従事し、日夜、救急患者のあらゆる疾患に対応する。
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術・植込型心電図検査、植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術などの経験が豊富。
また、脊椎(腰痛)関連の疾患にも精通しており、積極的に海外の学会に参加し、最先端の腰痛治療を取り入れている。
幅広い知識と経験をもって、患者様に対応している。
対応疾患 心臓疾患
内科疾患全般
椎間板ヘルニア
腰痛症
脊椎分離症/すべり症
脊柱管狭窄(腰部)
脊椎圧迫骨折
坐骨神経痛
脊柱管狭窄(頸部)
モットー 元気に明るい人生が送れるように、最善を尽くします。

料金について

遠隔セカンドオピニオン料金

① 38,000円~(税込)

※複数の診断部位・依頼内容によっては金額が変更される場合がございます。

お支払方法

② クレジット払い

メールにて支払いサイトの御案内をさせていただきますので、手順に従ってお手続きをお願いします。

取り扱い可能なカード会社

  • jcb
  • visa
  • mastercard
  • dinerscclub
  • americanexpress
  • unionpay

③キャンセル

恐れ入りますが、入金確認後のキャンセルの返金はお受けできませんので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

OJ遠隔セカンドオピニオン
お申込み

ご質問などお気軽にご連絡ください

06-6210-4295

営業時間:平日10:00~18:30
(土曜・祝日も営業 定休日:日曜日)

実際の例
(依頼内容)

・先日交通事故に遭い、首の調子がおかしくなった。近くの病院にて診断いただいた結果、頸椎ヘルニアと説明がありました。
私は病名を言われても病気のことが詳しくない為、主治医に病名の内容と実際のMRI画像にどう映っているのか、頸椎ヘルニアになった場合の生活に支障が出るかなどの内容を教えてほしかったのですが、画像のどの部分かは画像診断医ではない為わからないという返答があり、病気の説明に関しても言っていることがわからなかった為、インターネットで調べていたところ、遠隔セカンドオピニオンのサイトを見つけ、利用してみることにしました。
依頼してから1週間以内で検査報告書と総合診療科医からレポートが入っており、診断した箇所の写真と解説がついていたので自分が知りたかった内容を確認することができました。

(30代 男性 頸椎損傷)

・主治医から腹腔動脈瘤と診断があり、動脈に血栓ができているとのことでした。一度自宅に帰りパソコンで調べたところ、血管を広げて血栓をなくすことができる治療法があるという事だったので、希望している治療方法を主治医に伝えました。但し、結果として理由も言わずに断られてしまいました。納得がいかなかったので病院から画像データをもらって家族が教えてくれた遠隔セカンドオピニオンに依頼することにしました。
内容は今回の治療方法が適応できなかった理由をイラストで描いていただき、内容も私が理解しやすいように説明がされていました。
希望している治療方法が適応でないことは残念でしたが、理由がはっきりした為納得することができました。

(60代 男性 腹腔動脈瘤)

運営会社

オペレーション・ジャパン株式会社
代表取締役 野中俊英

 私自身、医療機関で働いていますが、一番困る時は自分自身が病気になった時です。自分の病気を最善の治療で治してくれる医師や病院を探す事は医療関係者であっても難しいです。大きい病院に行けば良いのでは?口コミが良い病院に行けば良いのでは?と思いますが、的確に診断・治療をしてくれる医師や病院の探し方が分からない、近くに専門病院がない、自分が希望する手術を受けられない等、本当に病院や名医を探すのは至難の業です。名医と言われる先生であっても、気が合わない、話が思ったようにできないと言った事があると思います。ましてや、重度の病気になればなるほど、本当に良い治療を受けたいと思うのは当たり前の事です。

 例えば、がんになった時の選択肢として、外科的治療、放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法、遺伝子治療などがあります。医療機関にはそれぞれ治療方針があり、自分の病院やクリニックで行っている治療を第一選択肢とします。その病院で行っている治療以外に、自分が希望する治療や他の治療法について聞きたくても聞きにくい、聞いても答えてくれないという事が起こる可能性があります。納得できないまま治療を進めるのではなく、セカンドオピニオンを活用する事は世界的にみても一般的になってきています。

 私達のセカンドオピニオンは、第三者としての意見を言える事が病院との一番の違いです。弊社のコーディネーターが患者様のニーズに合った医師とのマッチングを図り、セカンドオピニオンを受けてもらう事が可能なサービスです。今の診断や治療に納得できない、不安がある、治療を諦めざる得ない状況であれば、是非私達に相談して下さい。私達の使命は、患者様に「希望」を持ってもらうことです。できる限り手軽にセカンドオピニオンを受けてもらう為に、「遠隔」でのセカンドオピニオンを“日本初のサービス”として開始しました。今後とも患者様が病気や治療に対して「希望」が持てるように尽力していきます。

 私自身、医療機関で働いていますが、一番困る時は自分自身が病気になった時です。自分の病気を最善の治療で治してくれる医師や病院を探す事は医療関係者であっても難しいです。大きい病院に行けば良いのでは?口コミが良い病院に行けば良いのでは?と思いますが、的確に診断・治療をしてくれる医師や病院の探し方が分からない、近くに専門病院がない、自分が希望する手術を受けられない等、本当に病院や名医を探すのは至難の業です。名医と言われる先生であっても、気が合わない、話が思ったようにできないと言った事があると思います。ましてや、重度の病気になればなるほど、本当に良い治療を受けたいと思うのは当たり前の事です。

 例えば、がんになった時の選択肢として、外科的治療、放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法、遺伝子治療などがあります。医療機関にはそれぞれ治療方針があり、自分の病院やクリニックで行っている治療を第一選択肢とします。その病院で行っている治療以外に、自分が希望する治療や他の治療法について聞きたくても聞きにくい、聞いても答えてくれないという事が起こる可能性があります。納得できないまま治療を進めるのではなく、セカンドオピニオンを活用する事は世界的にみても一般的になってきています。

 私達のセカンドオピニオンは、第三者としての意見を言える事が病院との一番の違いです。弊社のコーディネーターが患者様のニーズに合った医師とのマッチングを図り、セカンドオピニオンを受けてもらう事が可能なサービスです。今の診断や治療に納得できない、不安がある、治療を諦めざる得ない状況であれば、是非私達に相談して下さい。私達の使命は、患者様に「希望」を持ってもらうことです。できる限り手軽にセカンドオピニオンを受けてもらう為に、「遠隔」でのセカンドオピニオンを“日本初のサービス”として開始しました。今後とも患者様が病気や治療に対して「希望」が持てるように尽力していきます。

オペレーション・ジャパン株式会社

06-6210-4295

メールのお問い合わせはこちら

会社の外観

営業時間:平日10:00~18:30
(土曜・祝日も営業 定休日:日曜日)

担当スタッフ

藤田からのメッセージどうかお一人で悩まないでください。
私たちが全力でお手伝いさせて頂きます。

鈴木からのメッセージ全ては心身の健康から始まります。
笑顔でゆきましょう!!

坂本からのメッセージ誰もが安心・信頼して
相談できるように努めます。

スタッフの藤田

藤田

スタッフの鈴木

鈴木

スタッフの坂本

坂本

海外対応担当スタッフ

シモンからのメッセージThe first step in dealing with
a health problem is facing
your own concerns. Having doubts
is what stops you from taking
the right decision at the right
moment. Receiving a second
opinion can help you get
a clearer view of the range of
options you have and action needed
to be taken, speeding up the process
of choice making and increasing
the efficiency of medical treatment
as a result.

清水からのメッセージ言葉の壁で治療に二の足を踏んで
いる皆様、安心してご連絡下さい

陳からのメッセージ健康がすべての元。
明るい人生を送るように
私たちが頑張ります!

スタッフのシモン

シモン

スタッフの清水

清水

スタッフの陳

患者様のお悩みお聞かせください。医師との遠隔セカンドオピニオンの橋渡しを行います。
海外スタッフも在籍しており、日本語以外のご質問、ご相談もお伺いしますので私たちにお任せください。
※対応言語:英語 中国語

セカンドオピニオン.comのリンク
遠隔セカンドオピニオンのブログのリンク
オペレーション・ジャパン株式会社のリンク