痔は手術しなくても治る|薬を使わない「痔瘻の最新治療」

セカンドオピニオン.com公式ブログ
【この記事の監修ドクター】
ハワイ・ジュジュべ・クリニック院長
東洋洋医学博士  亀井士門 医師  ~Dr. Cimone Kamei~

痔の原因とは?

一般的には、いぼ痔、きれ痔や痔瘻(あな痔)など種類があります。例えば、いぼ痔の位置が深い場合は内痔核、肛門周辺の場合は外痔核に該当されるなど種類分けで分類されます。大まかには、肛門付近の粘膜や、括約筋(肛門の筋肉)の間に鬱血が起こることが大きな原因とされています。痛みを抑える外用薬や、腫れや出血を抑える座薬、炎症を抑え便をやわらくする薬や、抗生物質等は内服薬を使うことはよく知られています。

いぼ痔の場合、内痔核を硬化させるための注射療法も行われ、痔瘻の場合や症状が重い場合は手術が勧められます。また、直腸が炎上に脱出している様な症状が重い痔の場合は、クローン病や大腸炎が関与していることもあります。

東洋医学的に見ると、痔は単なる血液の鬱血というより、血滞という汚れた質の悪い血液が鬱血している状態と診ます。また、当クリニックでは、痔の種類に問わず肛門付近の血滞鬱血と、内臓全域の機能の低下と見ます。どちらにしても大腸を含むその他内臓組織の機能を改善することが大切です。

薬を使わない痔の治療法とは?

肛門付近の粘膜は、とても吸収力が高いため体に害になる化学薬剤ではなく、ハナウという自然の塗り薬を1日2回朝と晩に肛門に塗布し、血滞の鬱血を解消して行きます。ハナウは、多くの必須アミノ酸を含む自然のノニとエッセンシャルオイルで配合されていて伝統的に血流を改善し酸化を還元することが知られています。非医薬品指定の伝統薬なので東洋医学的な見地で見ると上薬に値する体にとても良いものです。

痔の具合は上記単体の治療でも効果はありますが、やはり痔の症状も便秘や硬い便、また結腸の炎症など根本的には体内深くの様々な内臓諸機能の低下や、全身の血液の悪質化があります。それらも同時に改善させるためにトータルケアで体質改善をお勧めします。

ホールフードビタミン、ミネラルや各種栄養素が入ったデトックス剤「ラア」、CBD、カヘキリ、とホールフード栄養錠剤等を使用します。治療内容は、肛門へハナウ自然薬を塗布することに加えて、体質自体を改善するクレオパトララップ、アーシング鍼治療、カッピング、ポラロミセラピー、ホットタオルセラピー、頭蓋調整を行います。クリニックでは治療中も随時アーシングを行いますが、家でも、就寝時のアーシングシーツ使用をお勧めしています。また生活中に正しい食事、ジュガ運動を行い根本から治して行きます。

ジュジュベ・クリニックで治療を受けたい方はコチラ

↓アーシングに関する動画↓

痔の目安の治療期間は?

鬱血の改善の早さに個人差がありますので、治療期間は人によって異なります。また、その他の内蔵諸機能の問題がある場合などさらに一人一人の状況がべつな事があります。しかし、痛みや不快感は割と数日間で減少するので、根気よく続けてください。歴史が長いいぼ痔なども二〜三週間後あたりから、小さくなるのが確認できると思います

痔の治療で特に気を付けないといけない事は?

ハナウの塗布を根気よく行うことです。そして食生活にも気遣い改善してください。

痔の治療は薬を併用してもいい?

二の腕に比べ肛門などの体の粘膜は、経皮吸収という皮膚から体内に物質を吸収する能力が40倍以上と言われています。痔の治療で肛門粘膜に化学薬剤を使用すると全て体に吸収しますので、それを判断基準にしてください。

薬の併用は大丈夫??

 

痔予防の体質作りで特に気を付けないといけない事は?

体を酸化や血液の悪質化が肛門付近の鬱血の原因です。砂糖や肉食を避けミネラル豊富な粗食を摂ることで血液の質を良好に保つことが大切です。そして肛門付近の括約筋や腸腰筋などの弱体化も原因ですので、日々しゃがむ運動(ジュガ詳細)をしたり、床に座る生活を取り込みましょう。また、様式便器に座る体制での排便は直腸に負担をかけるので、和式便器を使うか、しゃがんで排便できる様に工夫することも大切です。

 

 

この記事に対するお問い合わせや、ジュジュベ・クリニックの治療を受けたいという希望があれば、下記のリンクからお問い合わせ下さい。

お問い合わせはココをクリック