末期がんの最新免疫療法

カテゴリー:
前立腺がん大腸がん子宮がん小腸がん胃がん胆嚢がん膵臓がん

●末期がんについて
がんの発見が遅れ、癌がすでに手の施しようのないほどに進行しているケースや、標準治療(内視鏡治療、外科手術、化学療法・抗がん剤治療、放射線療法など)を行ったが、効果が無い、または効果が無くなったがん患者に対して他の治療が効くことは稀です。そのような段階に至った患者の多くは数カ月(余命三ヶ月など)しか生きることができず、手の施しようがない状態を一般的に「末期がん」と呼びます。

●末期がんの最新治療
2015年5月29日に行われたASCO Annual Meetingで、ジョンズホプキンス大学の研究者が遺伝子バイオマーカーの検査により「ミスマッチ修復遺伝子」異常(欠損)があった末期がん患者に対して免疫療法行ったところ、効果があった事を発表しています。がん患者48人を登録し、治療を受けた患者を3つのグループに分けて検討が行われ結果を下記に記載します。

① 第一グループ
対象者=ミスマッチ修復遺伝子に欠損を認める進行大腸がん患者13人
治療法=ペンブロリズマブの免疫療法
効果=がんが少なくとも直径30%縮小したことを意味する「部分奏効」が8人に認められた。長期にわたる病勢の「安定」が4人に認められ、「進行」を認めたのは1人であった。

② 第二グループ
対象者=ミスマッチ修復遺伝子に欠損がなかった大腸がん患者25人
治療法=ペンブロリズマブの免疫療法
効果=25人全員に効果がなかった。

③ 第三グループ
対象者=ミスマッチ修復遺伝子に欠損を認めた大腸がん以外のがん患者10人(胆管・膵がんがん4人、子宮がん2人、小腸がん2人、胃がん1人、前立腺がん1人)
治療法=ペンブロリズマブの免疫療法
効果=1人の子宮がん患者が画像検査でがんがすべて消失した状態である「完全奏効」となり、「部分奏効」が5人、「安定」が1人、「進行」が3人に認められた。

●まとめ
遺伝子バイオマーカーによる検査でミスマッチ修復遺伝子に欠損を認めた末期がん患者さんに、ペンブリズマブの免疫療法を行ったところ一定の効果が得られたということになります。

今回の記事に関して興味がある方はセカンドオピニオン.comにご連絡下さい。

参考資料:2015 ASCO Annual Meeting 
https://am.asco.org/

http://www.hopkinsmedicine.org/news/media/releases/
small_study_shows_genetic_biomarker_may_predict_cancer_
patients_response_to_immunotherapy_drug

 

公開日:2015/07/23
▲ PAGE TOP

PAGE TOP